忍者ブログ

山の上ホテルの流儀

2017年04月26日


著者:森裕治
発売元:河出書房新社

著者は山の上ホテルの社長。そして、山の上ホテル創業者・吉田俊男の孫ですね。

東京にあるホテルの中で、インバウンド、いわゆる訪日外国人をメイン顧客にするのではなく、日本人、それも日本の文化人を相手にしている小さなホテル。

全部合わせて72室しか客室がないのよね。

でも、レストランは7つもあり、バーは2つもある。

ものすごい食へのこだわり。

まぁ、これは創業者・吉田俊男のこだわりなのですけれどね、と。

ホテル云々よりも、このホテルに泊まった文化人、特に小説家の方々のコメントが、このホテルの凄さを引き立てるわけで。

そりゃ、泊まってみたくなりますよ。

とくに78ページにある
安心して眠っていただけることと、美味しい食事を召し上がっていただけることが、ホテルの使命です。あえて『時代とともに変わらないホテル』とでも申し上げておきましょうか。

と言うフレーズにやられましたわ。




山の上ホテルの流儀


タイトル:山の上ホテルの流儀
著者:森裕治
発売元:河出書房新社
おすすめ度:☆☆☆(山の上ホテルに泊まりたくなります)
PR

アマン伝説

2017年04月25日


著者:山口由美
発売元:文藝春秋社

サブタイトルは「創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命」。
だったら期待するじゃないですか。
リゾートホテルの革命児、アマンリゾートがどうやってできたのか?そして、どうやってその地位を維持し続けているのか?

いや、書いてあるんですけれどね。
最初は面白かったのですけれどね。

どんどんどんどん日本人が出てきて。。。

そりゃ、日本に関係あるかもしれませんけれどね。

ここまで日本オシになってしまうと、正直泊まる気がなくなってしまいましたわ。

まぁ、ホテルの写真を見ると、感想が変わるのですけれどね。




アマン伝説―創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命


タイトル:アマン伝説
著者:山口由美
発売元:文藝春秋社
おすすめ度:☆(うむ。。。)

日経ビジネス 2017.02.13

2017年04月24日


発売元:日経BP社

大特集は 「凄い値付け 30万円のウォークマンが売れる理由」ですわ。この特集、よい特集だよ。プロダクト開発や、サービス開発に、ものすごく使える。もうさぁ、値段に納得感がないと、誰も買ってくれないのだよね。で、値下げでも値上げでも失敗知るところっていうのは、価格に納得感がないからなんだよね。逆に、値下げでも値上げでも成功しているのは、価格に納得感があるところ。30万円のウォークマンも、1回20万円のレンタカーも、4000万円のダイニングテーブルも、価格に納得感があるから売れるのだ。バルミューダや、ダイソン、バーミキュラが、高価格帯なのにバックオーダを抱えるほど売れているのは、価格に納得感があるからなのよね。売れている秘訣はデザインだけじゃないのだ。日本の従来的な企業はそれに気がついていないんだろうな。

で、そんな今週号を読んでいて面白かったのは、他にこんな記事。

流通ルートの全容解明「偽造品」の裏に薬局の経営難
そうだよなぁ。調剤薬局、多すぎだよなぁ。でかい総合病医院の周りには、コンビニよりも数多い調剤薬局。そりゃ、儲かるわけないよなぁ、と。コンビニより多いか?少ないか?というのが、色んな意味でのバロメータになるな。

強風の洋上で効率発電 海に浮かぶ巨大風車
これすげぇ。風力発電所を、固定しないで海に浮かべるだなんて。これぞ日本の技術力よね。電線の問題があるけれど、どこにでも設置できるからねぇ。

で、そんな今週号を読んでいたら

『大事なことに集中する』



大事なことに集中する Kindle版

を読みたくなりましたな。

タイトル:日経ビジネス 2017.02.13
発売元:日経BP社
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)

リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ

2017年04月23日

著者:四方 啓暉
発売元:河出書房新社

日本のホテル業界において、ホスピタリティを売りにしているリッツ・カールトン。
なんで、ホスピタリティを全面に出しているのか?ホスピタリティを全面に出すことができるのか?
その秘訣に迫った一冊。

やはり働いている人が、楽しくなければだめなんだよねぇ、ということがよくわかりますわ。
あと、関係各人の信頼関係が必要。
で、それは具体的にどんなことかというと。
お客さま一人ひとりとスタッフの信頼関係無くして、お客さまの喜びは得られない。
スタッフ同士、あるいはスタッフと会社(組織)の信頼関係無くして、スタッフの喜びや誇りは得られない
会社(組織)を支えるオーナー会社とホテル運営会社の信頼関係なくして、お客さま志向の企業(組織)文化は得られない

ですな。

ものすごいふつーのことだけれど、実はものすごく重要な事が、ものすごくしっかりと書かれておりますわ。

信頼関係。

これ重要だよな。
変な「お客様は神様です」的なサービスと、世界とは一線を画するものね。




リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ Kindle版

タイトル:リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ
著者:四方 啓暉
発売元:河出書房新社
おすすめ度:☆☆☆(泊まりたくなりますな)

ホテル・マーケティング・ブック

2017年04月22日

著者:仲谷秀一、テイラー雅子、中村光信
発売元:中央経済社

ホテルに特化したマーケティングのHow to本。

ホテルに特化しているとは言え、マーケティングはマーケティングなので、ふつーのマーケティングと同じ。
まぁ、細かいところで言葉が違うのですが、意味合いは一緒だったりしますな。




ホテル・マーケティング・ブック―EHM(Essentials of Hospitality Marketing)


タイトル:ホテル・マーケティング・ブック
著者:仲谷秀一、テイラー雅子、中村光信
発売元:中央経済社
おすすめ度:☆☆(まぁ、ふつーにマーケティングをやっていれば問題なし)

図解 自動車エンジンの技術

2017年04月21日

著者:畑村耕一/世良耕太
発売元:ナツメ社

この本はすごいわ。

今(2016年)時点での自動車エンジンに関する基本的なことから、応用的なこと、市販車から、レーシングカーについてまで、しっかりわかりやすく書かれております。

まぁ、著者がマツダの人なので、かなりマツダの技術を持ち上げておりますが、でもですね、マツダは世界で唯一ロータリーエンジンの量産市販化にこぎつけたり、ガソリンリーンバーンエンジンを開発したり、マルチシリンダーのエンジンも開発しているし、小排気量のV6エンジンも開発しているし、そしてディーゼルや、ハイブリッドだって開発している。

作っていないのはPHVと、EVくらいなのですが、それらにはエンジンがなかったりするもんね、と。

ある意味、トヨタ以上にエンジンラインナップと、開発の歴史があるマツダの中の人だから、すごく守備範囲が広くてわかりやすいんだよね。

トランプ大統領にあんなことやこんなこと言われていて、そんな記事を書き上げる記者や、ライターの人で、自動車問題について記事を書く人は、この本を読んで、基礎を身に着けたほうが良いですな。




図解 自動車エンジンの技術


タイトル:図解 自動車エンジンの技術
著者:畑村耕一/世良耕太
発売元:ナツメ社
おすすめ度:☆☆☆☆(良い本ですね)

新企画

2017年04月20日


著者:放送作家鈴木おさむ
発売元:幻冬舎

我が大学の先輩、鈴木おさむの著書。コンセプトは「どうやって僕は企画を立ててきたのか?」ですな。ちなみに、サブタイトルは「渾身の企画と発想の手の内すべて見せます」ですな。

本の作りとしては、鈴木おさむが新企画を発表し、その新企画の考え方を紹介するという作りになっておりますわ。まぁ、みなさん、その新企画の方に目が行ってしまうのでしょうな。そんな読者を想定してか、
本書に掲載されている「新企画」をビジネスでご利用になりたい方は、下記までご連絡をお願い致します。

という、幻冬舎からの注意書きが記されておりますな。

そんな企画自体もワクワクするほど楽しいのですが、やはり、企画の立て方というか、企画の種の見つけ方が秀逸。

「自分がワクワクするか?」を大切にする
情報が一定量を超えると脳が検索エンジンとして機能し始める
自分の好みではなく他人の好みで映画を選ぶ
普段手に入らない情報は雑誌から得ることができる
話をすべきは「普段かかわらない人」
見るだけではなく、参加できる仕掛けを考える
人が隠したいことこそ魅力的なコンテンツになる
最終的に皆をハッピーにすることが企画のポイント
奇跡的な企画を実現するためには一回バカになることが必要
失敗に終わったトライが次の企画の成功要素となることがある
10人中10人が面白いという企画はつまらない
自分の「苦手」を客観視することで企画のヒントになる

やはり、すごいわ、鈴木おさむ。

そして、明治学院大学って、しーるずみたいな独りよがりで他の意見を一切認めないファシストもどきよりも、鈴木おさむや、福野礼一郎とか、木村和久だよなぁ。賢いけれど、本流にはなれないwでも、金儲けはうまいと。




新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます



タイトル:新企画
著者:放送作家鈴木おさむ
発売元:幻冬舎
タイトル:☆☆☆☆(良い本ですね)

ホテル・ビジネス・ブック 第2版

2017年04月19日


著者:仲谷秀一、テイラー雅子、中村光信
発売元:中央経済社

もう、ズバリ、ホテルを学ぶための教科書ですね。

大学とか、専門学校でつかう本ですわ。

そんなわけでして、ホテルに関するありとあらゆることが、たぶん、それほど細かくはないのでしょうが、きっちり網羅されております。

すげーな、ホテル。

ある意味、会社の機能と街の機能が融合している組織なんだな、なんていうことを思っちゃったりもする。

そして、ホテルという組織においてネットワーク化されたシステムは不可欠なので、そこに入り込む余地はものすごくたくさんありそうな気がするわけですわ。



ホテル・ビジネス・ブック(第2版)


タイトル:ホテル・ビジネス・ブック 第2版
著者:仲谷秀一、テイラー雅子、中村光信
発売元:中央経済社
おすすめ度:☆☆☆(使えますな)

FM雑誌と僕らの80年代

2017年04月18日
著者:恩蔵茂
発売元:河出書房出版

サブタイトルは『FMステーション青春期』。

この本はすごいね。

甘酸っぱい思い出がギュッと詰まっているね。

今の若い人たちには全く理解してもらえないけれど、FMと言うのはものすごくおしゃれなメディアだったわけですよ。で、そんなおしゃれなメディアをフォローアップするための雑誌が多数存在していた。

その中の1冊がダイヤモンド社から発行されていた『FMステーション』。

その誕生から廃刊までを、丁寧に追いかけていた1冊。

無論、著者のオンゾーさんは『FMステーション』の中の人。それどころか、創刊メンバー。

フォークからニューミュージックに時代は代わり、グループサウンズではなく、ロックとなり、歌謡曲ではなくアイドルとなり、そしてJ-POPとなっていく。

バブルに向かって日本中がざわめきだっていた、そんな時代の音楽業界のお話が、しっかり紹介されているのが素晴らしいですわ。

音楽媒体だって、レコードや、オープンリールデッキから、カセットテープ、そしてCDへ。映像だって、ビデオから、LD、そしてDVD。時代が一番激しく変わり続けていた時代のお話は、読んでいるだけでワクワクしてきますな。

そして、J-WAVEがモア・ミュージック&レス・トークだったのは知っていたけれど、ほぼ同時期に開局したFM埼玉ことNack5はモア・トーク&レス・ミュージックがモットーだったとは知りませんでした。

またラジオが熱くなって来た今だからこそ、また、こういう雑誌が生まれて欲しいですなぁ。
まぁ、無理か。今の時代、わざわざ、エアチェックとかしないものなぁ。



FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記

タイトル:FM雑誌と僕らの80年代
著者:恩蔵茂
発売元:河出書房出版
おすすめ度:☆☆☆☆(好き者にはたまりませんな)

栄光なき天才たち2011

2017年04月17日

著者:森田慎吾
監修:鈴木一義
原案:矢吹明紀
発売元:集英社

この年の「栄光なき天才たち」は良いわ。

取り上げられているのは純国産自動車の先駆け『オートモ号』を作った男。白楊社の豊川順彌。

大正十年に日本で純国産の乗用車が製造されていた、なんて話を知っている人、ほとんどいないだろうなぁ。

ダットサンか?はたまた、豊田か?そういう知識というか情報しか持っていなかった人が多いことなのでしょうな。

でも、そうではなかった。

技術立国日本の礎を作ろうとしていた男がいたわけですよ。

フォードや、シボレーが日本市場開拓に本気を出さなければ、きっと、白楊社は潰れることなく生き残り、日本の歴史は大きく変わったものとなっていたのでしょうな、と思うわけですわ。

しかし、良い漫画だなぁ。

栄光なき天才たちって。



栄光なき天才たち2011 (ヤングジャンプコミックス)

タイトル:栄光なき天才たち2011
著者:森田慎吾
監修:鈴木一義
原案:矢吹明紀
発売元:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(教科書として使うべきだな)

GO OUT 2017.2月号

2017年04月16日


発売元:三栄書房

ピックアップにカスタマイズされているグランドワゴニアの表紙にやられて買ってしまいましたわ。もったいない。。。J10じゃ駄目だったのかね?

そんなGO OUTの特集は「クルマでおしゃれアウトドア」ですわ。

いや、かっこいいですわ。どちらかと言うと好きですわ。

登場するのはボルボの240GL、エクストレイル、CR-V、ディスカバリー3、ボルボXC70、レガシィアウトバック、ミニクラブマン、そしてグランドワゴニア。

少し古めの道具感あふれるSUVばかりなのがいいね。

ワタシもキャンプしてみたいわ。

でも、キャンプのためだけにクルマを買い換えたりはしないかも。

それにしても、機能的なファッションアイテムがいろいろ紹介されていて、よいね。



GO OUT (ゴーアウト) 2017年 2月号 [雑誌] Kindle版

タイトル:GO OUT 2017.2月号
発売元:三栄書房
おすすめ度:☆☆(これからハマってしまうかも)

フォーシーズンズ

2017年04月15日


著者:イザドア・シャープ
発売元:文藝春秋社

サブタイトルは「世界最高級ホテルチェーンをこうして作った」ですな。

椿山荘はたんなる椿山荘になってしまいましたが、少し前までフォーシーズンズ椿山荘だったわけで、藤田観光がフォーシーズンズとパートナー契約(つまり、フランチャイズ契約)をして運営していたのですな。

そして、著者はホテルジャーナリストでもなければ、トラベルライターでもない。

フォーシーズンズの創業者にして、会長だったりするのですな。

そんなわけでして、そこまで引き込まれる文章ではないのですが、小さなホテルとして誕生したフォーシーズンズが、最初は家族の、そして仲間の協力を得て大きく育って行くところは、グググッと引き込まれます。

ホテルにフィットネスクラブを設けたのって、フォーシーズンズが初めてだったのね。

立地と設備とサービス。そして、信頼感。コレだけ切り取るとどこのどんなホテルでも同じことやってそうですが、フォーシーズンズはその幅も深さも違ったということなのね。

ちなみに、ワタシ、フォーシーズンズには泊まったことがない。

この本読んでたら、泊まりたくなりましたな。



フォーシーズンズ

タイトル:フォーシーズンズ
著者:イザドア・シャープ
発売元:文藝春秋社
おすすめ度:☆☆☆☆(泊まりたくなりますな)

図解入門よくわかる 最新RFPと提案書の基本と作成法

2017年04月14日

著者:佐川博樹
発売元:秀和システム

そもそも、RFPとはどんなものであり、そのRFPを受けて作成する提案書というものはどういうものであるべきなのか?そんな、知っていそうで知っていない、システム開発のお作法がしっかり書かれている本ですね。

で、他のRFP指南本と違うのは、ちゃんと提案依頼のやり方から、提案評価のやり方まで記載されているというポイントですね。
RFPを作ったけれど、コンペを行っては見たけれど、うまく行かなかった。

そんなよくある失敗を防ぐためにはもってこいの本ですね。




図解入門よくわかる 最新RFPと提案書の基本と作成法 Kindle版


タイトル:図解入門よくわかる 最新RFPと提案書の基本と作成法
著者:佐川博樹
発売元:秀和システム
おすすめ度:☆☆☆(わかりやすい本ですね)

中国が絶対に日本に勝てない理由

2017年04月13日

著者:孫向文
発売元:扶桑社

サブタイトルは「中国人漫画家が日本に住んで気がついた!」ですな。
つまり、作家は中国のお方。
ブロガーとして人気なコンサルタント、永江一石さんがブログで紹介していた本ですね。

「いや、マンガのレベルがそれほど高くないんじゃね?」というような、漫画オタクのような視線でこの漫画を読んでは駄目よ。

それと「日本サイコー!やはり日本はすごい!」という視線で読んでも駄目よ。

この漫画のキモは現代中国の闇を、中国のお方が、わかりやすくマンガで説明しているという点でしょうな。
もう、この人、中国に変えることはできないんだろうな。

いろいろ考えさせられるポイントがたくさんあるのだけれど、その中で一番「ですよね〜」と思ったのが、自分の信じる意見以外は一切認めない、独裁的な多様性を愛する若手民主化集団シールズが、文化大革命の時の紅衛兵と全く同じであるという意見ですな。

まさにそのとおりですわ。

奴らが自由を代表しているワケがない。

ということがよく分かる本ですわ。

国のトップをヒトラーやらなんやかんやに例えてデモをしても逮捕されないくらい自由な国ですからねぇ。

というのが中国の視線から説明されると、ものすごく説得感がありますな。




中国が絶対に日本に勝てない理由 (扶桑社BOOKS) Kindle版

タイトル:中国が絶対に日本に勝てない理由
著者:孫向文
発売元:扶桑社
おすすめ度:☆☆☆☆(みんな読むべき本だね)

栄光なき天才たち 2010

2017年04月12日

著者:森田信吾
発売元:集英社

その昔、ヤングジャンプで連載されていた名作漫画『栄光なき天才たち』のリバイバル版。

全く新しい内容ですな。

この巻で登場するのは

福永洋一
高畑導宏
マーク・エイブラハムズ

イグ・ノーベル賞を生み出したマーク・エイブラハムズの話は楽しくて良いのですが、志半ばでがんで死んでしまう高畑導宏の話は重いなぁ。

プロ野球選手としての寿命は短かったけれど、その後、バッティングコーチとして大成した高畑導宏。コーチングは教育だということで、ユニホームを脱ぎ、教職に。

しかし、がんに倒れてしまう。

もう、わたしもいい年なので、ひたすら泣いてしまいますよ。



栄光なき天才たち 2010 (ヤングジャンプコミックス) コミック


タイトル:栄光なき天才たち 2010
著者:森田信吾
発売元:集英社
おすすめ度:☆☆☆☆(やはりよいですな)
 | HOME | 次のページ »