忍者ブログ

アクセンチュア流生産性を高める「働き方改革」

2018年01月15日

著者:江川昌史
発売元:日本実業出版社

「選ばれる企業」を目指して、
「働き方の未来」を実現する。
と、帯にある。

あのアクセンチュアが、残業削減だと??激務で有名なアクセンチュアが何をバカなことを?と、素直に思ってしまう。

が、著者はアクセンチュアの現社長。アクセンチュアの生え抜きなので、本人は深夜削減やら、休日出勤で出世してきたのだろうに。

しかし、危機感の持ち方は正しい。もはや、サラリーだけじゃ、優秀な人材が集まらないし、残らないのよね。優秀な新卒を高給でかき集めても、3年で辞められたら、組織として持たないしな。で、三十過ぎた経験者は、よほどじゃないと、そんな会社に行かないしな。

で、前半はそんな危機感の紹介で、メインは具体的な生産性改革のアプローチ方法の紹介。ここは流石だ。

ちなみにアクセンチュアでは生産性改革を「プロジェクトプライド」と呼ぶのね。

まずは、改革のフレームワークを定義する。
ソフト/ハードと、経営層/現場で四象限をつくり

第一象限を方向性提示と効果測定
第二象限をリーダーのコミットメント
第三象限を仕組み化・テクノロジー活用
第四象限を文化・風土の定置化

と定義して、ブロジェクト計画を立ててるのが、すごい。

ちゃんと定置化するための三カ年計画、つまりロードマップを定義しているしな。

四半期毎のゴールを定義しているだけでないのよね。プロジェクトプライド全体はもちろん、プロジェクトプライドを構成するワークスタイル、コアバリュー、モラル/礼節でも、四半期毎のゴールを設定してるのね。

で、この資料がわかりやすい。
横軸は四半期ごとの矢羽。縦軸が、プロジェクトプライド全体、ワークスタイル、コアバリュー、モラル/礼節となり、それぞれのマトリックスの中にゴールが、書かれている。

こういうのMICEっていうのだろうな。

で、本書の後半は、改革を社内に定着させるコミュニケーションと苦労の紹介。

でも、ほんとに残業は減ったのだろうか?ただ、仕事を社外に持ち出しただけなのでは?まだ、それならいいけれど、タイムシートを打刻して、会社にいないこととして会社で仕事していたら幻滅だけどね。

でも、

①お客様に企業改革を促しているのに、アクセンチュア自身が変わらないわけには行かない
②社内を改革できなければ、多様な人材の採用もままならず、ひいては新しい時代のデジタル・ビジネスにも移行できない
③デジタル化の流れに即する改革ができなければ、当社はつぶれてしまうかもしれない

という記述には、激しく賛成しますな。




アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」

タイトル:アクセンチュア流生産性を高める「働き方改革」
著者:江川昌史
発売元:日本実業出版社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(ホントだってたら、ホントに素晴らしい)
PR

FACTA 2018.1

2018年01月14日


発売元:ファクタ

今月号、面白かったのは、こんな記事。

中国のシェア自転車が米国でも好評を博す
摩拝単車で、モバイク。どこでも乗り捨て乗り降りOKなのだとな。こういうサービス、日本は弱いよね。Uberだって、そうだしな。こうやって、日本はだめになっていくのだろうな。

民進党は3分裂必至?立憲民主は連合離れ
え?連合の後ろ盾なしで生き残れると思ってるの???

タイトル:FACTA 2018.1
発売元:ファクタ
おすすめ度:☆☆(なんだかな)

プロレススーパースター列伝 デジタルリマスター版 10

2018年01月13日

原作:梶原一樹
作画:原田久仁信
発行所;グループ・ゼロ

第10巻はサイガーマスク編の中編。
タイガーマスク、メキシコ修行時代、イギリス修行時代のお話と、大仁田厚との確執と、ブラックタイガーとのバトルですな。
大仁田厚、邪道になってからしか知らなかったのですが、若手の頃は正統派だったのね。
ジャイアント馬場の愛弟子で、ファンクファミリーに育てられたという。
けがをすることなく、一度目の引退をすることなかったら、佐山&大仁田時代が生まれていたのかもね。



プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 10 Kindle版


タイトル:プロレススーパースター列伝 デジタルリマスター版 10
原作:梶原一樹
作画:原田久仁信
発行所;グループ・ゼロ
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)

日経ビジネス 2017.12.18

2018年01月12日

発売元:日経BP社

大特集は2017謝罪の流儀 日産、神鋼は何を間違えたのかですあ。
いや、日産も神戸製鋼も、悪い子としたと思っていないんじゃないかしら?という気がするわ。
DeNAのキュレーションサイトのときの、キュレーションサイトの担当者と同じだな。DeNAの南場さんは、ものすごく悪い事したと思っていたけれど、担当者はそうではなかった。それが謝罪の仕方に現れるんだろうな。
それよりも何よりも、日産の西川社長のファッションセンスがやばいwwやっぱ、ある程度の地位にと言うか年令になったら、まともにスーツが着れるようにならないとだめなんだな。ってか、広報部、コーディネーターつけてあげればよかったのにww

で、他に面白かった記事。

法人業務を扱わない小型点を充実 三井住友銀、個人に「寄り添う」
もう、法人に貸し付けても良いことないからってことなんだろうな。大丈夫か?日本の企業は???しかし、これでゾンビ企業が一掃されれば、世の中変わるのかもね。

広がる「金融排除先」向け資金供給 慎重姿勢の地銀にはもう頼らない
貸付先がないんだよなんて言わずに、金融機関以外が攻めてきた!オリックスが弥生会計と組んで、融資サービスを開始ですって。会計データをベースにオリックス独自の余震サービスなどを組合wせて、融資。確定申告をしているデータで、プチプチと与信するのは良いかもね。

NTTデータ 海外1兆円の真価
すげー。データ。そんなに海外売上あるんだ。そして、ダイムラー、フォルクスワーゲン、BMWのシステム開発とか、システム保守に対応してるんだww知らなかった。そして、データはNTTの稼ぎ頭として海外に打って出るのね。

で、そんな今週号を読んでいたら

「Hit Refresh」


「超日本製品論」


「最強のデータ分析組織」


「3億人の中国農民工 食いつめものブルース」


を読みたくなりましたな。

タイトル:日経ビジネス 2017.12.18
発売元:日経BP社
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)

外資系コンサルの真実

2018年01月11日


著者:北村慶
発売元:東洋経済新報社

この本は素敵だ。読む前までは「どーせ単なるマニュアル本だろう」と思っていたのですが、全く違った。

考え方と働き方を教えてくれる素敵な本だ。

どこを読んでもためになることだらけだけど、とくにこの辺が刺さったわ。
こうした環境下にあって、他弱の一つであった「ボストン・コンサルティング」がとった戦略は、つぎのようなものでした。
(1)業界リーダーの「強み」を徹底的に分析する。
(2)その「強み」とは異なるところに、ミズからの「価値訴求」を設定することで、ギョリーダーとの直接対決を避ける。
(3)業界リーダーの顧客と同じ業界に属するライバル会社を、自社の潜在顧客としてセールス活動を集中する。
(4)以上の戦略により、二番手グループの中でのトップを目指す。
(5)その後、ほかの"多弱"とは完全に差異化できた段階で、READERと直接対峙する。

これはいろんな業界で使えて、これがこの本で一番心に刺さった内容でしたわ。

あとこれ
「世界再興のコンサルティング・ファームは、マッキンゼーである」というブランド・イメージができ上がっている以上、それと同じ路線では顧客にアピールすることはできず、かりに、顧客を獲得できても、"マッキンゼーの亜流"として、手数料の値引きを要求されるケースも多く見られたのです。

ですな。これも、心に刺さるwwだって、亜流だものね。

あとは有名だけど、仮設検証のPDCAサイクルの流れ

インタビュー・データ分析

課題の洗い出し

課題の構造化

本質的課題の絞込み

解決のための予備的仮説の構築

行動・情報による仮説検証
↓↑
進化した仮説の構築

解決策実行の行動計画策定(マイルストーン設定)

実行支援(マイルストーン・チェック)

ですな。

あと、これも有名だけどボスコンのPPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)
市場成長率と相対市場シェアを高/低でセグメントして、そこに自社製品をマッピングするやつね。

あと、マッキンゼーが開発したビジネススクリーンね。
事業の魅力度と事業単位の地位(自社の強み)の軸をそれぞれ低/中/高で分割して、そこに利益回収、現状維持、増強、各事業をマッピングしていくと。

これは色々使えそうだな。

この本は物事を考えるということに使える素敵な本ですな。

あと、コンサルの限界もちゃんと書いてあるのが良かった。コンサル変えたって、同じレポートが上がってくるかもしれないし、コンサルを活かすも殺すも、クライアント企業の社長しだいだとな



外資系コンサルの真実―マッキンゼーとボスコン


タイトル:外資系コンサルの真実
著者:北村慶
発売元:東洋経済新報社
おすすめ度:☆☆☆☆(良い本です)

プロレススーパースター列伝9 デジタルリマスター

2018年01月10日


原作:梶原一騎
作画:原田久仁信
発行所:グループ・ゼロ

名作「プロレススーパースター列伝」のデジタルリマスター版。
どこがリマスターされているのかというと、昔の単行本は1冊に複数のプロレスラーが紹介されていたけれど、これが1冊1人とか、1人で複数冊となったわけで。

9巻まで登場するレスラーは、リマスター版でない漫画で読んだことあるので、いきなり9巻のタイガーマスクから。

タイガーマスクの登場から、その仮面の下は、佐山サトルなんじゃないのかしら?というところまで。

佐山サトルなんだよ!と今なら突っ込めるんだけれどなwww



プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 9 Kindle版


タイトル:プロレススーパースター列伝9 デジタルリマスター
原作:梶原一騎
作画:原田久仁信
発行所:グループ・ゼロ
おすすめ度:☆☆☆☆(いいよね)

路地の子

2018年01月09日


著者:上原善広
発売元:新潮社

この本はすごい。
この本の主人公は著者の父親。上原龍造。
同和地区に生まれ、差別され続けた上原龍造が肉の仲卸を行う上原商店を立ち上げ、繁盛店に店を育てていく一代記。

だけど、話はそんなにシンプルには進まない。
同和利権に群がる人々に、右翼や、ヤクザとの命をかけたやり取り。

同和系のお話、大阪の食肉のお話というと、ドロドロした世界が描かれたり、背中がむず痒くなるようなお話ばかりだったりするけれど、この本は全く違う。

どちらかと言うと、すかっとするというか、一大スペクタクル。

そして、この主人公がいた時代は遠い昔ではなく、つい最近のお話。
少なくとも戦後のお話だ。

自分の記憶が残っている昭和50年以降の話になると、一気に引き込まれるよ。

すごい。




路地の子 Kindle版


タイトル:路地の子
著者:上原善広
発売元:新潮社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(名著)

Raspberry Piで学ぶ電子工作

2018年01月08日

著者:金丸隆志
発売元:講談社

サブタイトルは「超小型コンピュータで電子回路を制御する」ですね。
Linuxになるのね。

ノートPCのように手軽に持ち歩くことはできない(だって、裸だから)けど、その拡張性はノートPC以上。
ノートPCは仕事の道具だけれど、Raspberry Piはロボットの心臓になれるな。

うちの娘さんがもう少し大きくなったら、一緒にRaspberry Piで遊ぼう。

面白そうだけれど、すぐに使えるエッセンスはたくさん詰まっているけれど、すぐに何かをしようということが思い浮かばない。

もう、それだけワタシの脳みそが老化して、おじさんになっちゃったってことだな。



カラー図解 最新 Raspberry Piで学ぶ電子工作 作って動かしてしくみがわかる (ブルーバックス)

タイトル:Raspberry Piで学ぶ電子工作
著者:金丸隆志
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆(いいね、やっぱ)

「ひとりっ子長女」はこう育てる

2018年01月07日

著者:多胡輝
発売元:新講社

我が家の大切な大切な娘さんを大切に大切に育てたい、ということで読んでみた。

良い本です、

ひとりっ子長女のお父さんも、お母さんも、読んだほうが良い。

これほど勇気を与えてくれる本はない。

そんな本書の中で刺さったのがこのフレーズ。
子どもが精神的に安定して育つには何が必要なのか考えてみましょう。
それは家庭が安定していることが基本です。
両親が温かい関係であれば、子どもは精神的に安定した人格に育ちます。逆に両親がギスギス、ピリピリした関係では子どもの心は落ち着かず、いつも人の顔色をうかがうようになってしまいます。あるいは適切な人間関係を築けず、自分勝手な行動に走る場合もあるでしょう。
では、家庭が安定しているとは具体的にはどういうことかと言いますと、一にも二にも両親の仲が良いことです。おたがいにいたわり、思いやりの心を持って、仲良く接しているところをちゃんと子供似見けることが大切なのです。

このフレーズが、思いっきり、こころに刺さりました。

奥さんと、娘さんを、大切にしようと思える素敵な本ですな。



「ひとりっ子長女」はこう育てる (WIDE SHINSHO 164) (新講社ワイド新書)


タイトル:「ひとりっ子長女」はこう育てる
著者:多胡輝
発売元:新講社
オススメ度:☆☆☆☆☆(素晴らしい)

日経ビジネス 2017.12.11

2018年01月06日

発売元:日経BP社

大特集は年末恒例の2018年大予測ですな。
まぁまぁという内容が多かったけど、高田社長の「食」「睡眠」「運動」にニースがあるというコメントには共感できますな。

で、そんな今週郷で他に気になった記事はこれ。

痴漢に襲われた時、役立つ保険
すげーな。世の中には頭のいい人いるんだな。月額2980円ですとな。

量子コンピューターの本命技術が実現 IBMが超越した量子の限界
これはすげー。IBMは量子ゲート方式の量子コンピュータの試作器開発に成功したのだと。50量子ビットだと。2の50乗の計算を瞬時に行えるのだと。ちなみに量子コンピュータの限界は、50量子ビットなのだと。量産化されてもすげー高いでしょうが、30年もすれば、ふつーのPCと同じになるのだろうな。
これは世の中が大きく変わるな。

ビックカメラやファミマが新型店多角化ビジネスに資格
多角化は単なる需要の先食いで、なにもイノベーションは起こさないから、結局、行き着くところは、値段の叩き合いになるのよね。

売り手市場でも油断禁物ブラック企業を見極めよ
別に、新卒だけでなく、中途採用でもおなじたよ。

で、そんな、今週号を読んでいたら

「インダストリーX.O」



インダストリーX.0 Kindle版

を読みたくなりましたな。

タイトル:日経ビジネス 2017.12.11
発売元:日経BP社
オススメ度:☆☆☆(定番ですな)

伝説と呼ばれる至高のウイスキー101

2018年01月05日

著者:イアン・バクストン
発売元:WAVE出版

すげーな、この本。
世界中の超有名ウイスキーがしっかりと101種類、紹介されている。

いわば、ウイスキー版の神の雫だ。

出てくるウイスキーのほとんどか、買うことできないものばかりだしな。

でも、響や、グレンフィディック、カフェモルトや、山崎なども紹介されている。

けど、ノンエイジじゃないけどな。
カフェモルト以外は。

他にもジョニーウォーカーや、I.W.ハーパーも紹介されているけど、ノンエイジじゃないけどな。




伝説と呼ばれる 至高のウイスキー101


タイトル:伝説と呼ばれる至高のウイスキー101
著者:イアン・バクストン
発売元:WAVE出版
オススメ度:☆☆☆☆(ウイスキー好きにはたまらないな)

タイトル:プロレススーパースター列伝(5)

2018年01月04日

原作:梶原一騎
漫画:原田久仁信

5巻はカール・ゴッチ、リック・ルアーフレア、タイガーマスク。

いやーん、初代タイガーマスクは佐山聡ではないんだってばw




プロレススーパースター列伝 5 Kindle版


タイトル:タイトル:プロレススーパースター列伝(5)
原作:梶原一騎
漫画:原田久仁信
オススメ度:☆☆☆(だってば)

リヤカーマン

2018年01月03日

著者:永瀬忠志
発売元:毎日新聞社

サブタイトルは「地球一周四万キロを歩いた男」。でも、正しくは地球一周四万キロをリヤカーと共に歩いた男ですな。

読んでいると冒険心をかきたてられるとともに、「なぜに自転車?」という気持ちもムクムクと、湧き上がってくる。

いや、自転車でよくないか?とか、クルマで良くないか?とか。

でも、自転車でも、クルマでもだめなんだろうな、と。いや、ダメではないけど、自転車や、クルマではここまで現地の人と触れ合うことはできないだろうし、苦労を味わうこともないだろうに、と。

だって、自転車よりも遥かに大きく、かと言って自動車よりも、遅い。そもそも人力だしな。

リヤカーを挟んでやり取りされる現地の人とのコミュニケーションと、現地の気候の説明が、最高。




リヤカーマン―地球一周4万キロを歩いた男


タイトル:リヤカーマン
著者:永瀬忠志
発売元:毎日新聞社
オススメ度:☆☆☆☆(良いですな)

超分類!キャッチコピーの表現辞典

2018年01月02日


編集:森山晋平
発売元:誠文堂新光社

プレゼン資料のネタに使えるかと思ったのですが、ズバピンですな。

使える。

しかし、すげーな、ここまでロジカルにキャッチコピーを考えるのだとは。

知らなんだ。

今まで勢いで考えておりました。

いや、勢いだから、考えてないかw



超分類!キャッチコピーの表現辞典: 一言で目を奪い、心をつかむテクニック50


タイトル:超分類!キャッチコピーの表現辞典
編集:森山晋平
発売元:誠文堂新光社
オススメ度:☆☆☆☆(素敵な本だわ)

プロレススーパースター列伝(4)

2018年01月01日


原作:梶原一騎
漫画:原田久仁信

プロレススーパースター列伝、第四巻はBI砲。つまり、ジャイアント馬場とアントニオ猪木。

力道山のもとに入門し、その後、力道山亡き後の日本プロレスで豊登りに担がれ、独立を試みた猪木。

そして日本プロレスに戻りBI砲コンビを結成するが、また、猪木は日本プロレスを離れ新日本プロレスを設立させた。そして、馬場も全日本プロレスを設立させた。

そんな時代の話が描かれる第四巻。



プロレススーパースター列伝 4 Kindle版

タイトル:プロレススーパースター列伝(4)
原作:梶原一騎
漫画:原田久仁信
オススメ度:☆☆☆(良いですよ)
 | HOME | 次のページ »