忍者ブログ

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術

2017年01月15日

著者:浅田すぐる
発売元:サンマーク出版

元トヨタの経理部門で働いていて、今はコンサルタントをやっている著者。日本最大の製造業であり、世界の製造業のモデルケースとなっているトヨタの基本となっている資料の作り方を教えてくれる本。

トヨタの基本は資料1枚。

A4もしくは、A3用紙1枚で資料をまとめる。

ちなみに、ただ単に1枚にまとめるだけじゃ駄目。

トヨタの1枚には3つの特徴がある。それは。。。
 ●ひと目で全体が見える(一覧性)
 ●枠がある(フレーム)
 ●枠ごとにタイトルが付いている(テーマ)
。。。なのだとな。

ちなみに、なぜ、このようなフレームワークで説明資料を創るのかというと、トヨタでは「読んでわかる」ではなく「見てわかる」ことがポイントだからなのだとな。

くどくど説明しないとわからないような資料じゃ駄目だと。

豊田章男社長は3秒で判断するというから。3秒以上資料の理解に時間がかかるようじゃ駄目なんですよね。

ちなみにこの考えはチャーチルの考えと同じなのだとな。

その考えとは
われわれの職務を遂行するには大量の書類を読まねばならぬ。その書類のほとんどすべてが長すぎる。時間が無駄だし、要点を見つけるのに時間がかかる。同僚諸兄とその部下の方々に、報告書をもっと短くするようにご配慮願いたい。

なのだとな。

では、どうやってトヨタ式おn1枚資料を作るのかというと、そのステップ自体は結構シンプル。

1)考えるベースとなる情報を書類に「整理する」

2)自分なりの「考え」を書類に「まとめる」

3)書類の内容を誰かに「伝える」

流れは至ってシンプルなのですよ。

シンプルなのですが、まずは書いてみること。

書くことによって、「自分は何がわからないのか?」ということが整理できるから。

あと、ちょっとしたポイントは、同士ではなく動作に落とすってことですね。「挨拶をする」ではなく「おはようございますと大きな声で言う」とね。そうすると、より具体的になってわかりやすくなる。

そして、このわかりやすく、具体的というのは重要である、と。

何しろ、資料作りで一番重要なのは「伝わるかどうか」「相手が受け取れるかどうか」なのですから。

そもそも何のためにこの資料を作るのか?

ということを考えながら、資料を作ることが重要なのですな。

すごく使える本ですな。



トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術

タイトル:トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術
著者:浅田すぐる
発売元:サンマーク出版
おすすめ度:☆☆☆☆(使える本ですな)
PR

HailMary magazine vol.6

2017年01月14日

発売元:ヘイルメリーカンパニー

小野里稔編集長の新しい雑誌ですな。この、くどい世界、嫌いではない。

特集は「アメリカは眠らない」

いや、フリー&イージーのような特集ですな

紹介されるネタも、記事の作りも、フリー&イージーと同じだしw

ファッションだけでなく、映画や、アイテムも同じだしね。

でも、嫌いじゃないw

そして、欲しくなったのは安藤製靴のブーツだったりするのも同じだw

でも、この号ではアウトランダーPHVとデリカD5が紹介されている。そして欲しくなったのはアウトランダーPHV。いや、お金があったら、この車欲しいよ。

しかし、でもね、デリカD5を紹介するのに登場するのがテリー伊藤だったりする。

おなじやんけw



Hail Mary Magazine(ヘイルメリーマガジン) 2016年 10 月号 [雑誌]

タイトル:HailMary magazine vol.6
発売元:ヘイルメリーカンパニー
おすすめ度:☆☆☆(嫌いじゃないww)

なんでも測定団が行く

2017年01月13日

編集:武蔵工業大学
発売元:講談社

温度に、地球に、原子のサイズに、ダイオキシンの致死量。

それは知っているよ!というものから、「へぇーそうやって測るのね」というものまでが紹介されている本ですわな。




なんでも測定団が行く―はかれるものはなんでもはかろう (ブルーバックス)


タイトル:なんでも測定団が行く
編集:武蔵工業大学
発売元:講談社
おすすめ度:⭐⭐(ですね)

建築とは何か 藤森照信の言葉

2017年01月12日


著者:藤森照信
発売元:エクスナレッジ

建築家の藤森照信が「そもそも、建築とは何か?」を自身の内なる言葉で説明したり、同時代、もしくは先輩の建築家の言葉を借りてまとめたりした本。

いや。。。

うむ。。。

建築が好きで色んな本を読み漁っていますけれど、ここまで深く建築を考えたことがないことを思い知らされてびっくりですわ。




建築とは何かー藤森照信の言葉ー


タイトル:建築とは何か 藤森照信の言葉
著者:藤森照信
発売元:エクスナレッジ
おすすめ度:☆(うむ。。。)

日経ビジネス 2016.11.14

2017年01月11日

発売元:日経BP社

大特集は 「出光、トヨタ、サントリー 創業家の作法」 ですな。
この特集は面白かった。

プロ経営者にズタボロにされてしまったベネッセが面白かったw
福武家はもはや、直島にしか興味がないってw

だったら、売り払ってしまえよ、ベネッセの株をw

ワタクシ、今まで4社の企業で仕事をしてきましたが、今の会社以外は創業者一家が権力を握っている会社ばかりでしたね。
そんな創業一家は、ある意味、ロイヤルファミリーで、下級国民がとやかく言えるような状況ではなかった。
そして、すげー悪いことに、全てが創業社長だった。
これが、数代、それこそ10代くらい続いている会社ですと、社員という使用人がいないと家業が成り立たないことが判明しており、創業家の御曹司も、生まれたときからそういうこと(仕事のできる使用人がいないと家業が成り立たない)ってことを叩き込まれているので、うまく回るんだよね。

この特集にも出てくるけれど、それがトヨタであり、スズキなんだよね。

創業家という軸に、家業という概念を加えると良かったかもね。

よく言われる「息子は選べないが、娘婿は選べる」って世界だよね。

どんなに立派な家、ってか、立派な家であればあるほど、家督の相続には気を使うわけですよ。単なる長男、惣領息子だからと言って、家業は継げない。家業を任せられる力量がなければ分家させられたり、養子に出されたりするわけですわ。

そういうシビアな世界を経験してきたのが、スズキであり、トヨタなんだよね。トヨタ自動車の創業社長は娘婿だし、世界最大の中小企業・スズキを率いる鈴木修会長も入婿だしね。

大切なのは家業なのか?一族の血筋なのか?

だいたい失敗しているのは、一族の血筋を優先する会社なんだよな。家業が残れば血筋なんてどうでもいいんだよ。養子でもなんでも迎え入れてしまえば良い。

そういう柔軟性がない会社はダメだよね。

そんな今週号で面白かった記事はこんな記事。

パリ協定発行、米国もEVシフト 日産に追い風、トヨタ戦略修正も
純粋なガソリンエンジン車は、もはやダメってことなのよね。そうなるとアウトランダーPHVか、日産ノートePowerか、プリウスPHVですな。今のフィットも、ものすごく気に入っているので、すぐに乗り換えることはない(10年は乗りますが)、その後はPHVかシリーズハイブリッドですなぁ。でもって、万が一今買うなら、ノートだなぁ。

富士フィルム、執念で和光買収
和光と行っても銀座のビルではない。国内試薬最大手の和光である。武田薬品工業の系列会社を東芝メディカシステムズ、日立化成らと競り合って、買収した、と。もう、これからは製薬なんだねぇ。そして、わずか20年前まで銀塩フィルムを作っていたのに、この変わり身の速さはすごいねぇ。

さらばメール、仕事もチャットで
いや、まじで、そうだわ。メールで何かをやり取りするときって、長文のやり取り以外ないものね。それ以外はチャットツールで十分。重いファイルはGoogle DriveとかDropbox利用すればよいしね。Microsoftのスラックが良いサービスらしいぞ。

で、そんな今週号を読んでいたら

『数学的な宇宙』



数学的な宇宙 究極の実在の姿を求めて

『量子物理学の発見』


量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語


『無限の天才』



< a href="http://amzn.to/2g4liIP">無限の天才 新装版 ―夭逝の数学者・ラマヌジャン

を読みたくなりましたな。

タイトル:日経ビジネス 2016.11.14
発売元:日経BP社
おすすめ度:☆☆☆☆(面白い本ですわ)

吉田茂 ポピュリズムに背を向けて

2017年01月10日

著者:北康利
発売元:講談社

読ませる文体で歴史の偉人を取り上げる、作家北康利の本。

今度は、戦後最高の宰相と呼ばれている吉田茂。その吉田茂の半生にせまる。

吉田茂といえば、白洲次郎を懐刀とし、戦後の日本を独立と導いたことが有名。また、池田勇人をはじめとした若手政治家を育てた吉田学校も有名ですな。

しかし、本書は吉田茂の人生の後半に目を向けたのではなく、吉田茂の人生、その前半にスポットを当てているのが面白い。

本書のタイトルのように、なぜ、吉田茂はポピュリズム=大衆に迎合して人気を煽る政治姿勢に背を向けたのか?

それは、生家の竹内家も養子先の吉田家も、資金的に恵まれていたというのもあるでしょう。

しかし、それなら吉田茂よりも金持ちだった近衛文麿が、おもいっきりポピュリストであることを考えると、その仮説は当てはまらない。

そのような性格は、吉田茂持って生まれての性格なのでしょうな。

「気位は高いが間違ったことはしない」

中見出しにあるように、それが吉田茂の性格であり、それ故にポピュリズムに背を向けていたのでしょうなぁ。

家にも、金にもこだわりはなく、自分の信じた道を進む。

それが吉田茂であり、その気位があったから、日本を独立に導いたのでしょうな。

それと、ものすごいリアリストであったというのもあるのでしょう。

世界中の国々と比較して、日本の国力がどれくらいだったのか?

世界政治の常識はどういうものであったのか?

その中で考えた時、はやりの共産主義や、ファシストはどういう位置づけとなるのか?

たぶん、当時の日本では数少ない、「戦争は外交手段の一種であり、その多交渉と同じである」と知っていたのも変えだけなのでしょうなぁ。

だから、勝ちっぷりと同じように、負けっぷりが大事であることを知っていた。

戦争に負けて、全面降伏をしたとはいえ、それで国家がなくなるわけではないことを知っていた。

本来的な性格と、徹底的なリアリストであったというのが、吉田茂の真髄だったのでしょうな。

そして、そんなリアリストは日本において、吉田茂以降登場していないのが悲しいことですな。



吉田茂 ポピュリズムに背を向けて


タイトル:吉田茂 ポピュリズムに背を向けて
著者:北康利
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆(ですな)

1974年のサマークリスマス

2017年01月09日


著者:柳澤健
発売元:集英社

サブタイトルは「林美雄とパックンインミュージックの時代」ですね。著者は「1985年のクラッシュギャルズ」や「1976年のアントニオ猪木」の柳澤健。ドキュメンタリーの人気作家が手掛ける伝説の深夜番組の話が面白くないわけがない。

本書を読んで知った衝撃の事実は2つ。

一つは「ラジオギャング」が林美雄が仕掛けた番組であるということ。
もう一つは、ビートたけしがTBSのオーディションを受けて、落ちていたということ。落ちていたから「ビートたけしのオールナイトニッポン」が始まったのよね。

1960年代から70年代のラジオといったら、カウンターカルチャーの代名詞だったんだよねぇ。娯楽の王様であった映画に、新興勢力であったテレビ。その2大勢力に押されぎみだったラジオは、どんどんどんどんカウンターカルチャーの色合いが強くなっていった。

特にろくすっぽスポンサーのつかない二部深夜帯、つまり27時以降なんて、とくにそうだった。そんな時代の色を思いっきり反映していたのが林美雄の番組だったのいね。同期同世代の久米宏や小島一慶が左寄りなのも、そんな時代状況でラジオをしていたのだから、理解できる。

でも、カウンターカルチャーが力を持ちすぎ、カウンターではなくなってしまった。メジャーになってしまったカウンターカルチャーのカウンターがビートたけしだったわけよね。

この新陳代謝に一回失敗してしまったのがTBS。その後、深夜放送の主役はビートたけしを有するニッポン放送に替わってしまう。タレント、アイドル、芸人、役者、それに局アナ。ニッポン放送は上手にパーソナリティーの切り替えと育成を行っていった。

ビートたけしが人気絶頂になると、大阪で人気を集めていた劇団の役者、古田新太を後釜に抜擢。今やラジオ界のレジェンドとなっている伊集院光の育成も開始していたしね。林美雄が最初にラジオで取り上げて人気に火をつけた荒井由美こと今の松任谷由実がパーソナリティーを勤めたのもオールナイトニッポンだ。辻仁成、鴻上昇二、電気グルーヴ、大槻ケンヂ、福山雅治、ナインティーナイン、様々な有名ラジオパーソナリティーを産み出したのもオールナイトニッポンだった。

でも、それは1990年代まで。

FM各局が力を持ち始め、有楽町からお台場に引っ越し、ニッポン放送が勘違いをし始めたために、また、大きな政権交代。

伊集院光の赤坂、TBSへの移籍。

FMで絶大なる人気を誇っていた玉川みさにも帯番組を持たすなどTBSは、一気に復活。

でも、この時すでに林美雄の魂はあの世に。若者の代弁者で、文字通りカウンターカルチャーを伝え、体現していたラジオの伝説は、すでにこの世にいないのだ。

パーソナリティーとしても、ラジオアナウンサーとしても、プロデューサーとしても稀有なセンスを持っていた林美雄がこの世にまだいたら。ラジコというアプリのお陰で、時間も地域も関係なきくラジオ番組を放送できるようになったいま、どんな番組を作ってくれるのか?それが知りたくてしぃうがなくなる本です。

晩年のビートたけしのオールナイトニッポンを聞き、伊集院光とともに深夜放送を過ごしてきた人間にはたまらない本ですわな。




1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代


タイトル:1974年のサマークリスマス
著者:柳澤健
発売元:集英社
おすすめ度:⭐⭐⭐⭐⭐(名著)

カーマガジン 461

2017年01月08日


発売元:ネコ・パブリッシング

スクランブルカーマガジンの0号がオマケにつくというので、すごい久しぶりに買ってみた。
スクランブルカーマガジンの0号はミニの特集なので、このカーマガジンも特集はミニ。

こういうところは「変わってないねー」と思うのですが、それ以外は、良い意味で変わっている。どんどんどんどんマニアックになっているw

もうさ、このまま突っ走ってほしい。

ここまでくればカーグラフィックのニセモノとか呼ばれないね。公正中立でもないし、ジャーナルな、視点もない。

でも、それでよい。

それがカーマガジン。

偏愛なのですよ。

変態なのですよ。

ソっちに振り切り始めたカーマガジン、好きだな。



car MAGAZINE (カーマガジン) 2016年11月号 Vol.461


タイトル;カーマガジン 461
発売元:ネコ・パブリッシング
おすすめ度:☆☆☆☆(これぞ、変態!マニア!)

星野道夫 風の行方を追って

2017年01月07日

著者:湯川豊
発売元:新潮社

写真家星野道夫の生き方を教えてくれる本。

アラスカの大地が好きな写真家はもっとワイルドな人なのかと思いきや、そうでもなかった。

アラスカが好きすぎて、慶応大学卒業後にアラスカ大学に入学したという経歴。

写真家として有名だけれど、様々なエッセイも残している星野道夫。

アラスカという自分が惚れた土地を誰かに伝えるためにとった手段が写真とエッセイだったのね、と再確認。




星野道夫 風の行方を追って


著者;星野道夫 風の行方を追って
著者:湯川豊
発売元:新潮社
おすすめ度:☆☆(ですな)

徹子ザ・ベスト

2017年01月06日


著者:黒柳徹子
発売元:講談社

黒柳徹子のエッセイ。

彼女の他のエッセイと違うのは、巻頭にグラビアがあることw
奇跡の一枚ですよ、まじでw

うちの奥さんに写真だけ見せたら、誰だかわからなかったくらいですもの。

そんなグラビアの中にあったキャプションが、本書で一番刺さりましたなぁ。
6時間にも及ぶ撮影の中で、徹子さんは、現場にいる誰よりもキラキラの好奇心を保ち続けた。「ダメ」「できない」「嫌い」といった否定の言葉は、一度も発しなかった。「へえー面白い」「ホントに可愛い」といったwonder(驚き)を絶やさない徹子さんこそ、誰よりもワンダフルな存在である。

黒柳徹子がいつまでも輝き続け、いつまでも愛され続ける理由はコレだろうな。

つきぬ好奇心と、肯定≒受け入れることから始まるコミュニケーション、そしてポジティブ。

見習いたいポイントです。



徹子ザ・ベスト

タイトル:徹子ザ・ベスト
著者:黒柳徹子
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆(良いエッセイです

ラスト・ワン

2017年01月05日

著者:金子達仁
発売元:日本実業出版社

ラスト・ワンとは残った1本の脚のこと。

本書は日本代表パラリンピック選手・中西麻耶の半生を追ったドキュメント。

読んでいてコレほど胸が苦しくなった本は久しぶり。
読んでいるうちに引き込まれて、息ができなくなり、電車から降りて一休みしてしまったもの。
それくらいにすごい本だ。

中西麻耶は北京、ロンドン、リオのパラリンピック日本代表。短距離と走り幅跳びを専門にしているアスリートだ。
もともとはソフトテニスで国体参戦を目指していたアスリート。それが仕事上の事故で右足を失うことに。

ニュースで伝え聞くのはここまで。
コレ以外は「きれいすぎるパラリンピックアスリート」として紹介される程度。競技費用を得るためにセミヌードカレンダーを発売したことも話題になりましたもんね。

というのは、表に伝え聞くだけの話。

彼女の歩んできた人生はそれだけではない。

なぜ、セミヌードのカレンダーを出すことになったのか?その裏事情がしっかり書かれている。そこに書かれている話は、何であろう?悪い日本人の典型である。そりゃ、彼女は日本国籍を捨てようとするわけですよ。

それでも、日本代表としてパラリンピックに参加する。

本書の前半は切断される脚の描写にドキドキしてしまうのですが、中盤からは日本の陸上界のゴタゴタに腹が立ってきつつ、そんな環境にめげず世界を目指す彼女の姿に旨が熱くなってきてしまうのですわ。

自分の人生甘いなぁ。。。。自分はまだまだ、人生を楽しんでいないなぁ。。。

なによりも、自分の人生は自分で切り開かないとダメだ、その人生において一番重要なことを教えてくれる1冊だ。




ラスト・ワン

タイトル:ラスト・ワン
著者:金子達仁
発売元:日本実業出版社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(ものすごい良い本です)

プロのノウハウ 建築トラブルにみる常識非常識

2017年01月04日

企画:日本建築協会
著者:荒川治徳
発売元:学芸出版社

どっちかというとハウスメーカーや、設計事務所に勤める人向けの本ですが、家を建てる・家を買う(マンションを含む)人も読んでおいたほうが良い本ですな。

この本を読んでおけば、自分が住む住宅に変な心配を抱かないで済みます。

本の作りとしては、

住宅を購入したヒトが投げかけてくる素朴な質問に対して、丁寧に回答しましょうね。
丁寧に回答してあげれば、お客さんの不安が解決されますから。
その丁寧な解決方法、話し方はこの本に書いてありますよ。

というつくり。

住宅関連でよくあるクレームである

コンクリートのひび割れ
基礎や地盤のはなし
左官仕上げのはなし
木の性質のはなし

がわかりやすくまとめられているのです。

新築で立てた我が家も、基礎の化粧モルタルに小さなヒビが入っているのですが、モルタルや、コンクリというものは乾燥すると縮むので、その仕組み上、どーしてもヒビが入ってしまう。
入ってしまうヒビを目立たなくする方法はあっても、ヒビを入れさせないですむことはできない。

そういうことが、シロートにもわかりやすく書かれているのがスバラシイ。

とは言え「できても問題のないヒビ」と「できては問題のあるヒビ」があるわけでして、その見分け方も書いてあるのが素敵なのですよ。

このような説明が、木材や、左官仕上げについてもなされているのが素敵よね。

まぁ、冷静に考えればそうなんだけれど、人生で一番高い買い物をした後だから、「なんだこれは!」となってしまうわけが分からなくもないのだけれどね。




建築トラブルにみる常識非常識 (プロのノウハウ)

タイトル:プロのノウハウ 建築トラブルにみる常識非常識
企画:日本建築協会
著者:荒川治徳
発売元:学芸出版社
おすすめ度:☆☆☆(ですな)

今、企業がブランド力をあげる理由

2017年01月03日


著者:関野吉記
発売元:日経BP

ニトリや、にんべんなどのナカノヒトにインタビューし、その強いブランドの秘訣をインタビューして、まとめた本。

プロダクトではなく、サービスの場合、ブランドを構成するのは人なのよね、ということを再認識。



今、企業がブランド力を上げる理由


タイトル:今、企業がブランド力をあげる理由
著者:関野吉記
発売元:日経BP
おすすめ度:⭐⭐(うむ。)

超入門ラグビーのみかた

2017年01月02日

監修:林雅人
著者:リ・スンイル

サブタイトルは「ラグビー観戦が面白くなる」。

ラグビーのルール、ポジションごとの役割、各局面での見方・考え方をわかりやすく教えてくれる本。

それに15人制と7人制の両方までも対応している。

これ一冊あれば大学ラグビーから、スーパーラグビーまで楽しめますね。

何しろ、各リーグの特徴、各国代表チームの特徴まで紹介されているのだもの。




超入門 ラグビーのみかた

タイトル:超入門ラグビーのみかた
監修:林雅人
著者:リ・スンイル
おすすめ度:☆☆☆(ラグビーを見る初心者におすすめですね)

日経サイエンス 2016.01

2017年01月01日

発売元:日本経済新聞社

特集は「なぜ眠るのか」ですわ。

いや~面白かったわ。

なぜ眠るのか?という理由よりも、眠らないことのデメリットがツラツラと、それもエビデンス付きで書かれていて嫌だw なるべく6時間跳ねるようにしないとダメなんだよなぁ。そのことを痛切に思うわけですよ。

記憶力も鈍るし、免疫力も落ちるし、太るし、鬱にもなるし。

まじで、寝ることが重要なんだよな。

そして、確実な睡眠を得るためには、体内時計を壊さないことが重要であると。

体内時計が壊れてしまうと人間が内部から壊れてしまう。

そうならないためには、規則正しい生活、太陽とともにある生活、朝食・昼食はしっかり食べて、夜食は食べない生活、12時間以上食べない生活、定期的な運動をする生活が重要なのね。
ただ、寝る前に激しい有酸素運動はしちゃダメだとな。

あと面白かったのが「野菜が体によい本当の理由 微量毒素の効用」ですな。植物が昆虫から実を守るために見に付けた微量毒素が、人間にはプラスに働く。ある一定量まではね。安全神話信者の方々には、にわかに信じられないお話しですわな。

で、そんな今月号を読んでいたら

『人体600万年史』




『超人の秘密』



を読みたくなりましたなぁ。

タイトル:日経サイエンス 2016.01
発売元:日本経済新聞社
おすすめ度:☆☆☆☆(面白い雑誌ですな)
 | HOME | 次のページ »