忍者ブログ

暴君と暗君

2011年08月22日
最近色々考えることがあって、いろいろ考えているのですがw

もはや暴君に使えるか? 暗君に使えるか?の二者択一だな

なんて思っていたのですが

そもそも

暴君と暗君の差はナンナンのだろう?

なんて堂々巡りしていたら、素晴らしい回答を見つけました。

普通、暴君というのは「バカ王」というイメージで考えがちだ。頭の悪い王様、バカな人間が王様になるとこうなるんだ的なイメージが、ね。が、実際のところ、そうした「頭の悪い王様」が暴君になることはない。これらは「平凡な王様」か、悪くても「暗君(愚かな王様)」どまりなんだよね。——では、暴君となるのはどういう人間なのか。それは「ものすごく頭のいい人間」なのだ。


ありがとう!「暴君とは 」の記事を書いた人!

詳しくは、参照元のブログを読んでくださいな。

で、思ったこと。

オイラの本の読み方、かなりかたよってるってこと。

よし、歴史書を読もう。

歴史に学ぼう。

小説十八史略(一) (講談社文庫―中国歴史シリーズ)

新品価格
¥830から
(2011/8/22 12:08時点)




十八史略 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,628から
(2011/8/22 12:08時点)




十八史略〈1〉覇道の原点 (徳間文庫)

新品価格
¥1,000から
(2011/8/22 12:09時点)



PR

こんな本が売れているそうな

2011年01月19日
年末年始本を読もうキャンペーンのおかげで、かなり本が減ってきた。

で、また本を書く余裕が出てきた。

そしたら、こんな本が売れているそうな。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス


女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

新品価格
¥1,500から
(2011/1/19 16:03時点)




ブックオフにかなり高価買取されていきましたな。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス。

表紙はあれでこれな感じですが、中身はいたって真面目です。

しかし、アダム徳永とかは、これを読んで怒ってるんじゃないでしょうかね?


で、次。

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

新品価格
¥1,890から
(2011/1/19 16:04時点)




フェイスブック 若き天才の野望。

フェイスブックのシャチョーさんのおはなし。

フェイスブック、果たして日本で流行るのでしょうか?

ミクシーがあるしって話ではなく、SNSって個人的に疲れるから嫌なのよね

そっとしておいて欲しいわw

って。

ただ、読んでみたいのは読んでみたいですな

マーク・ザッカーバーグがハーバード卒というがきになるのよね

で、最後。

くじけないで


くじけないで

新品価格
¥1,000から
(2011/1/19 16:07時点)




くじけないで

産経新聞「朝の詩」で注目を集める98歳の詩人
90 歳を過ぎて詩を書き始めた トヨさん、初の処女作品集

思わず涙がこぼれた、一歩踏み出せそう、友達に伝えたい、宝物にしたい……
トヨさんの感性と生き方に産経新聞へ読者の感動の声が続々と届いています。
NHKラジオ深夜便「列島インタビュー」で紹介され大反響!


だそうな。

あれですな。

トイレだったり、ガバかったり

ばーさんというのは売れるキーなのでしょうな。

最近の傾向として。

核家族化の影響でしょうね

なんて、どこかのお偉いさんはいいそうです。

が、真逆の大家族で育ったオイラにとって、ばーちゃんがトイレ掃除してても、あまり感動しません。

いまだに元気だし。

ってか、うちのバーちゃんの方がマジで凄いぞ

と思う。

まぁ、昭和初期&大正に生まれた方々は、みんな同じような経験してるのでしょうな。

ちなみに、今はなきうちのヒーバーさんは、『おしん』を見てると怒りました。

こんなもん、忘れたい時代だ!

って。

たぶん、そっちの意見のほうが正しいと思いますな。

このサイン会に行きたい!

2010年11月27日
小宮山好きとしてはぜひ行きたい

でも、時間帯的にサラリーマンじゃむりだ






選手の心を動かす監督の言葉

新品価格
¥1,575から
(2010/11/27 22:46時点)





タイトル:選手の心を動かす監督の言葉

著者:清宮 克幸小宮山 悟

笹川良一が気になる!

2010年11月15日
ということで、こんな本を買ってみた。



まだ読んでない。

ヒジョーに気になる。

多分、極悪人だけれど、その分、極良人だったと思う。

まぁ、器がでかい人だというわけですな。

じゃなきゃ、こんなCMを流そうとは思わないでしょう。





素晴らしき会社!

2010年10月18日
名前だけを聞くと、勘違いしてしまいそうなモノのベスト3といえば・・・

この3つ




ここにこいつも加わった!

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

「ウチの会社って、まさにビジョナリー・カンパニーの3巻目に出てきそうですよね」

というと、85%の人は喜ぶと思うw

まぁ、推定値で、実際にやるともっと高いかも知れませんがw

ちなみに、有名な衰退の5段階とは

1. 成功から生まれる傲慢
2. 規律なき拡大路線
3. リスクと問題の否認
4. 一発逆転策の追及
5. 屈服と凡庸な企業への転落か消滅

ですな。

いろんなブログに書評が書かれていますが、自分でよまな。




ゲームの理論

2010年09月15日
あぁ・・・大学の時ちゃんと勉強しておけばよかった。

ゲームの理論を説明せよってテストの内容

それに対して、シドニーシェルダンのゲームの達人の感想を書いたオイラ

バカだった




ウチの会社は残念な人ばかり

2010年09月15日
久しぶりに面白い本を読んだ。



これ、ウチの会社の人間が読んだら、アマゾンのレビュー欄と同じことになると思う。

頑張っている自分かっこいい

みたいな

一生懸命働く自分ってすごい

みたいな

まるでアリナミンか、チョコラBBのCMのような状況に追い込まれること自体がステキ

みたいな

そこから先の結果はドーでもいい人には「けしからん」ってことになるんじゃないでしょうかね?

長く働くことが美徳

ラクして金儲けは悪

という発想。

そりゃ、悪事をはたらいちゃダメですが、悪事をはたらかないでラクして金儲けできることはスバらしいと思いますけれど

だめなのでしょうか?

だって、汗水垂らして働いて働いて働いて・・・

我が暮らしラクにならず

じっと手を見る

・・・格差社会はけしからん!

なのでしょ?

でも、頑張ってる自分かっこいいなのでしょ?

単位時間あたりの生産性が非常に低いくから、長時間労働をするのでしょ?

ってか、単位時間あたりの生産性なんて考えないでしょ

考えたって、自給換算レベルでしょ。

そりゃ、同じ自給なら長く働いたほうが、金は稼げるモノね。

仕事の結果はどんなレベルでも。

深夜まで残業する自分はかっこいい

みたいな

深夜まで眠い目をこすりながら働いたから、質の高い仕事ができる

みたいな

ばっかじゃなかろうか。

徹夜というのは夜を徹するから徹夜なのよ。

寝るなよ。

だったら。

本当に眠いと、人間後ろに倒れるんだぜ。

机に突っ伏して寝ないよ。

椅子に座っただけで、寝るよ。

それをさけるために、机の上に椅子を載せて、その上にPCのっけて仕事するのよ。

寝ないために。

一生懸命仕事している自分はステキ

みたいな

ドーでもいいことに巻き込まれたくはない。

ま、経験値と方向性が違うので、そんな方々と交わりそうで交わらないと思いますが。

アリナミン飲んで頑張る前に、アリナミン飲まないで済む方法を考えなきゃね。

ということですな。

夜を徹して「最高の滋養強壮剤は何か?」と論じてる方々とは違うので。

アリナミンでも、ユンケルでも、リポビタンDでも、レッドブルでも何でもいいですよ。

個人的には。

ビールと割って飲んで美味いのはレッドブルなので。

アメリカ企業の利益を考えての要求に対して立ち向かおう!って・・・

2010年08月18日
面白そうなので、百恵ちゃんのCDといっしょにこんな本を買ってみた。




格差社会、郵政民営化、ホリエモン・村上ファンド問題、耐震
偽装問題、牛肉輸入問題、消費者金融問題......「失われた10年」に起こっ
た数々の問題の原因は、すべてアメリカの「年次改革要望書」が発端だった! 
『拒否できない日本』(文春新書)で「年次改革要望書」の存在を明らかにし、
対米追従政治に警鐘を鳴らした関岡英之氏を中心とした20人の豪華執
筆陣が、知られざる日米関係のタブーに挑む!


たぶん、まちがいなく切り込んでいるのだと思うのですが

そして、アメリカからの要求は、日本のためではなく、アメリカのための要求であることはまちがいないと思うのですが

アナタの人生は誰かのために捧げる人生なのでしょうか?

アナタの色に 染められ
一度の人生 それさえも 捨てることはかまわない
だから お願い そばに置いてね

なのでしょうか?

そりゃ、極悪非道になることはダメですけれど、あまりに慈悲深く、アンパンマンのように誰彼かまわず、自分の顔を差し出すことも無かろうと思うのですな

ってか、アンパンマンだって、ドキンちゃんや、ばいきんまんには自分の顔を差し出さないぞ。

世のため、人のために、100%自己犠牲になるだけでいいのか?

いろんなことをゆずり合い埼玉じゃないのか?

その要求をのむから、こっちの要求をのんでくれ

譲歩と、妥協と、腹の探り合いが交渉ごとでしょう

何でも反対!アメリカの言うこと聞くべからず!我々の権利を守れ!立ち上がれ!万国の労働者!

って、それじゃ右か、左かわかりませんぞw

重要なのは、最初に勝ことじゃなく、最後に勝こと、互いに繁栄すること

こういうことを忘れているような気がする。

石油が一切でないジャパンで、今さら鎖国してどうするつもりなのでしょうね。

食糧自給率は農水省のまやかしだ!って騒いでいる方々多いですが

日本の農業は思いっきり石油に依存している現実を知っているのでしょうか?

真冬にトマトが食べれなくなるだけじゃないですぞ。

トラクターや、コンバインが動かないどころか、肥料や、農薬すらまけなくなるのではなく、無くなってしまうのですぞ

なのに、国の誇りを守るために、世界から孤立する方がいいのでしょうか?

やはり、自分たちの国の誇りを守るためには、国民を飢えさせ、歯向かってくる国には無慈悲な鉄槌をくらわすのでしょうか?

・・・んなことは書いていないと思うので、いまからワクワクして待っております。

はやく届かないかなぁ。


今日のカレー

2010年06月21日




ウチの奥様のカレー。

おいしいです。

タイカレーです。

ズッキーニがたくさん入っております。

ズッキーニがいい感じですわw

日本は世界5位の農業大国

2010年06月04日
久しぶりに面白い本を読みましたな。

著者:浅川芳裕

発売元:講談社



オイラのような人間でなくても、スーパーで買い物をしている人なら、今の食糧自給率論争がおかしいと言うことはわかるはず。



だって、自給率40%じゃ、スーパーの中は外国製の食品であふれかえっているわけよ。



石投げて、外国製の食品にあたる確率は2分の1以上なのよ。



食糧自給率が40%じゃ。



まぁ、統計情報の後ろをよく読めと言うことがよくわかります。



本書を読んでいると



「あぁ、日本の農業は少数の大規模農家に支えられているんだな」



と思う一方



「怖いね」



と思えてくるわけですよ。



だって、そんな少数に金珠握られているわけですから。



これって自給率が低いことより怖いよ。



仮に自給率100%だとしても、1件の農家が100%のすべてをまかなっていたら、そりゃ、大変だと思うでしょ。



そもそも、食糧危機になったときに「同じ国に住んでいる人間だから、ご飯を分けて貰える」と思う方が甘いと思うのだけれど。



だいたい、この国の場合、食糧以外に自給率が低いモノがあるのよ。



海外から食べ物が入ってこなくなる前に、石油が入ってこなくなったらアウトだよ。



まぁ、利権なワケですよ。



利権。



リケンのわかめスープですよ。



環境とか、エコといっしょで、まずは自分の頭で考えることですよ。



じゃなかったら、民主党政権の下で補助金が貰えるように口あけて待ってるだけですよ。



口あけて待つだけならいいですけれど、補助金が貰えるように裸踊りとかしなきゃいけなくなるわけよ。



もう、さぁ、自分で考えようよ。



食糧自給率を上げて、本気で食糧安保を考えるのであれば、人に頼るのではなくまずは自分だと思うよ。



プランターでミニトマトを育てるだけでも、食糧自給率は0.00000001%は上がるのよ。



そういうことからはじめようよ。



もう、この本を読むと日本人は考えることを放棄してしまったことがハッキリわかってしまい、イヤな気分になります。



が、自分がしっかりしなきゃ、という気にもなりますな。






タイトル:日本は世界5位の農業大国
著者:浅川芳裕

発売元:講談社



おすすめ度:☆☆☆☆☆(よめ)

今日の般若心経

2010年03月10日
調べてみないとダメですな。

勉強しないとダメですな。

と言うことで、この3冊発注。




ちょっと驚いた

2010年03月02日
いや、驚いた。

オイラあんまり、おつむはよくないと自覚しているけれど、この本の言いたいことはわかった。



おいおいおい・・・と突っ込みたくなる感想を持っている人もたまに見かけるが、それは例外かと思ってた。

そしたら、著者の池田信夫がブログでこんなこと書いている。

老人支配の構造
拙著の「希望を捨てる勇気」というタイトルが、このごろ「日本経済をダメにする悲観論」の代名詞として使われるので、ひとこと弁明しておこう。

最後まで読んでいただけばわかるが、これは「古い経済システムを延命すれば何とかなるという希望」を捨てないかぎり、長期停滞を抜け出すことはできないという意味である。経済システムという言葉が抽象的なら、労働市場といってもよい。中高年の「終身雇用」や年金の負担を若年層に押しつけ、おまけに所得再分配の原資まで国債で調達して将来世代から1人7000万円も収奪する老人支配が問題の本質なのである。


かなりビックリ唖然としてしまった。

日経レベルですら理解できていないのか。

マジですか?

それは。

ちなみに、あと数年以内でハイパーインフレがやってくるわけで、そううなると今の価値観&今までのルールは通じないわけで・・・。

藤井まり子が書いているけれど(400年ぶりに起きているデフレと長期不況(利子率革命))今は16世紀に起きたのと同じような時代の転換期なワケよ。

ものすごい大きな覇権国家の衰退と、完全だと信じられていた価値観への不振。

スペイン・ポルトガルの勢いが無くなり、宗教革命が起きた時代と当てはまるのよ。

ああ・・・

1989年、昭和64年に似ているだけじゃなかったのね。

ルターが95ヶ条の論題を出したのが1517年。

日本じゃ、コロコロと将軍が変わっていた足利時代になりますな。

ちょうど。

9年(1512年)

* 日本初の梅毒罹患者が出現。
* 10月 - 北条早雲により、相模の鎌倉郡に玉縄城が築かれる。
* 12月 - 因幡守護 山名豊重が、弟の山名豊頼によって布勢天神山城にて殺害される。(申ノ歳崩れ)

15年(1518年)

* 8月2日(9月6日) - 幕府管領代の大内義興、本国へ帰還する。

16年(1519年)

* 細川澄元、高国打倒のため阿波で再起。三好之長を中核とする軍勢で摂津に進駐。

17年(1520年)

* 2月 - 細川高国、仇敵の澄元軍に敗れて近江坂本へ退去。
* 5月 - 朝倉氏・土岐氏・六角氏などの支援を得た高国軍、反撃の京都再攻。澄元は敗れて摂津へ撤退、三好之長は拿捕され自害。
* 6月10日(6月24日) - 細川澄元、生国の阿波勝端城にて死去。

これにより細川氏の管領職争いが一時的に沈静化する。
18年(1521年)

* 3月7日(4月13日) - 管領 細川高国との確執を深めた将軍 足利義稙、京都から出奔。
* 3月22日(4月28日) - 後柏原天皇の即位式典、即位21年を経てようやく挙行される。なお、出奔により式典の警護を怠った足利義稙は、のちに将軍職を剥奪される。
* 7月6日(8月8日) - 元将軍 足利義澄の遺児で播磨守護 赤松氏の庇護下にあった足利亀王丸、出奔した足利義稙に替わる将軍として高国に迎えられ、入洛を果たす。

ウィキペディアより)


こういう時代に必要なのは人としてしっかりすることですな。

人としてデスよ。

読書メータ

2010年02月15日
こんなのをはじめました。

読書メーター

はい。

すでに、お暇なら読んでねをやっているのですが、いつ何が起きるかわからないITギョーカイなので、新しいサービスも使って見なきゃね、ということでこっちも併用してみることにしました。

ただ、読書メーターに登録できないような本まで読んでいるオイラなので、両方併用が続きますな。

ちなみに、ベースとなる紙の読書メモは保存してあります。

はい。

磁気データより、紙です。

けっきょくは。

キンドルも気になりますが、オイラが読んだ本をすべて保存できる書庫というか、図書館のような本棚が欲しいです。

で、オイラが死んだらカンマニ文庫として一般解放ですな。

どちらにしろ、月に5万も本買っちゃダメですなw

最近話題の原紗央莉

2010年01月27日
原紗央莉です。

キシンといっしょに書類送検されちゃったAV女優さんです。

AV界では元タレントですが、社会面ではAV女優さんとなってしまいました。

そんな原紗央莉ですな。

一番最初に見つけたのはアサヒカメラでした。

そして写真集まで買いました。

でも、売っちゃいました。




手元にあったらものすごいプレミアだったのに。

まぁ、そのために本を買ってるのではないので。


田中角榮

2009年09月23日
越山会の女王といわれた人が著者です。



そんなわけで、おもいっきり田中角栄目線です。



THE田中派です。



そりゃ、今も高度経済成長期続行中でならViva角栄!で、いいでしょう。



で、実際、日本における都市部と農村部の格差が比較的小さいのは角栄のおかげだということはおいらもわかっております。



が、時代は変わりました。



そのへんが抜けてたりします。



ですので、小泉純一郎を史上最悪の敵くらいな勢いで語っております。



どんな政治にもイイ面と悪い面があるんだから。。。と角栄が生きていたら言いそうな気もします。



が、どちらにしろ、庶民を味方につけ、人心掌握に長けていたたたき上げの政治家であったということは間違いないです。



そのことに関しては、ものすごくよく、この本からわかります。



そして、吉田学校ではないけれど、目白詣をしていた若い政治家ほどオヤジである田中角栄と同じ手法をとりたがると言うことが見えてくる。



もちろん、その頃のチルドレン筆頭格は、小沢一郎だったりするわけで。



小沢一郎には田中角栄のように後進を育てる力量はあるのでしょうか?



あと、田中角栄が生きていて&今も第一千九の政治家として君臨していたら、あの頃とは違う政策を打ち出していたと思う。





タイトル:田中角栄

著者:佐藤昭子



おすすめ度:☆☆☆☆☆(角栄について、いろいろ知りたくなってきた)
 | HOME | 次のページ »