忍者ブログ

FM雑誌と僕らの80年代

2017年04月18日
著者:恩蔵茂
発売元:河出書房出版

サブタイトルは『FMステーション青春期』。

この本はすごいね。

甘酸っぱい思い出がギュッと詰まっているね。

今の若い人たちには全く理解してもらえないけれど、FMと言うのはものすごくおしゃれなメディアだったわけですよ。で、そんなおしゃれなメディアをフォローアップするための雑誌が多数存在していた。

その中の1冊がダイヤモンド社から発行されていた『FMステーション』。

その誕生から廃刊までを、丁寧に追いかけていた1冊。

無論、著者のオンゾーさんは『FMステーション』の中の人。それどころか、創刊メンバー。

フォークからニューミュージックに時代は代わり、グループサウンズではなく、ロックとなり、歌謡曲ではなくアイドルとなり、そしてJ-POPとなっていく。

バブルに向かって日本中がざわめきだっていた、そんな時代の音楽業界のお話が、しっかり紹介されているのが素晴らしいですわ。

音楽媒体だって、レコードや、オープンリールデッキから、カセットテープ、そしてCDへ。映像だって、ビデオから、LD、そしてDVD。時代が一番激しく変わり続けていた時代のお話は、読んでいるだけでワクワクしてきますな。

そして、J-WAVEがモア・ミュージック&レス・トークだったのは知っていたけれど、ほぼ同時期に開局したFM埼玉ことNack5はモア・トーク&レス・ミュージックがモットーだったとは知りませんでした。

またラジオが熱くなって来た今だからこそ、また、こういう雑誌が生まれて欲しいですなぁ。
まぁ、無理か。今の時代、わざわざ、エアチェックとかしないものなぁ。



FM雑誌と僕らの80年代--『FMステーション』青春記

タイトル:FM雑誌と僕らの80年代
著者:恩蔵茂
発売元:河出書房出版
おすすめ度:☆☆☆☆(好き者にはたまりませんな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字