忍者ブログ

マーケティング・サイエンスのトップランナーたち 統計的予測とその実践事例

2017年02月07日


著者:浅野熙彦
発売元:東京図書

富士ゼロックス、ALBERT、東急エージェンシー、ビデオリサーチ、コレクシア、ハウス食品、キリン、R&D、ライオンの事例が紹介されている本。

紹介されているのだけれど、日経ビジネス的な読み物ではなく、各社のマーケティング基盤となった分析モデルとその使い方が紹介されている。

なので、統計的な予備知識がないと読み進めるのが、辛かったりします。

ちなみにどんなことが紹介されているのかというと
購買履歴データから消費行動を知るースキャンパネル・データの活用@東急エージェンシー

とか
商品の適正な価格を決定する−POSデータとPSM分析の活用@ハウス食品

とか
小売マーチャンダイジングを提案するーPOSデータの時系列分析@キリン

とか
CM認知率を予測する−ランダムフォレスト法の活用

とか

マーケティングって科学っすね、理系のお仕事ですよね。

と理解できる内容満載ですな。

とりあえず、わたしを含めて文系の方々がつくるカスタマージャーニーマップや、ブランドスイッチ論って「べき論」の塊だったり「で、どうするの?」と言う内容だったりするのですが、本書に登場するカスタマージャーニーマップや、ブランドスイッチは、ちゃんと数字が記載されているのですな。

こういうの作らなきゃ駄目だよね。

で、本書にはいろいろ参考図書が紹介されているのですが

『消費者行動論体系』


『最新マーケティング・サイエンスの基礎』


『広告心理』


『リテールデータ分析入門』


『プロモーション効果分析』


『J,.Dパワー顧客満足のすべて』


『統計学のための数学入門30講』


を読みたくなりましたな。

そして、やっぱ数学を勉強しなきゃな。





タイトル:マーケティング・サイエンスのトップランナーたち 統計的予測とその実践事例
著者:浅野熙彦
発売元:東京図書
おすすめ度:☆☆☆☆(良い本ですな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字