忍者ブログ

中国が絶対に日本に勝てない理由

2017年04月13日

著者:孫向文
発売元:扶桑社

サブタイトルは「中国人漫画家が日本に住んで気がついた!」ですな。
つまり、作家は中国のお方。
ブロガーとして人気なコンサルタント、永江一石さんがブログで紹介していた本ですね。

「いや、マンガのレベルがそれほど高くないんじゃね?」というような、漫画オタクのような視線でこの漫画を読んでは駄目よ。

それと「日本サイコー!やはり日本はすごい!」という視線で読んでも駄目よ。

この漫画のキモは現代中国の闇を、中国のお方が、わかりやすくマンガで説明しているという点でしょうな。
もう、この人、中国に変えることはできないんだろうな。

いろいろ考えさせられるポイントがたくさんあるのだけれど、その中で一番「ですよね〜」と思ったのが、自分の信じる意見以外は一切認めない、独裁的な多様性を愛する若手民主化集団シールズが、文化大革命の時の紅衛兵と全く同じであるという意見ですな。

まさにそのとおりですわ。

奴らが自由を代表しているワケがない。

ということがよく分かる本ですわ。

国のトップをヒトラーやらなんやかんやに例えてデモをしても逮捕されないくらい自由な国ですからねぇ。

というのが中国の視線から説明されると、ものすごく説得感がありますな。




中国が絶対に日本に勝てない理由 (扶桑社BOOKS) Kindle版

タイトル:中国が絶対に日本に勝てない理由
著者:孫向文
発売元:扶桑社
おすすめ度:☆☆☆☆(みんな読むべき本だね)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字