忍者ブログ

異端児たちの決断

2017年08月12日


著者:小板橋太郎
発売元:日経BP社

サブタイトルは「日立製作所 川村改革の2000日」ですな。
リーマン・ショック後に7873億という当時、製造業で最悪の赤字を叩き出した日立製作所。
トヨタと並び、日本の製造業を代表するエスタブリッシュメントな経営陣な、方々は日立グループの中で、異端な、扱いであった川村隆を日立製作所のトップに選んだのでした、と。

何しろ本社の副社長を勤めたあと、子会社のおえらいさんに出向していたわけで、つまり、アガリの人物だったわけですわ。

アガリの人なので会社員人生に思い残すことはない。出世も、政治もあまり関係ない。

そんな人だからこそ、しがらみの塊である事業再編や、リストラを行うことができたのだろう、と。

そこから先は、日産でも、シャープでも、SONYでも同じだ。




異端児たちの決断 日立製作所 川村改革の2000日


タイトル:異端児たちの決断
著者:小板橋太郎
発売元:日経BP社
おすすめ度:☆☆☆(サラリーマンの悲哀がありますな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字