忍者ブログ

文藝春秋 2010.6月号

2010年08月01日
発売元:文芸春秋社

目玉は「爾後、鳩山政権ヲ相手トセズ」

まぁ、そんなものまえからわかってたってーのw

で、今月号の目玉は

「王貞治が初めて語った 国籍 長嶋茂雄」

ですな。

すごいよ。

凄い。

明賀に世界の王ですよ。

もう、王さんを見ていると、国籍とか、人種とかどーでもよくなる。

感動した!

やはり、ほんとうに感謝の気持ちを忘れてはダメなのですよ。

で、そんな今月号を読んでいたら

『グーグル秘録』
グーグル秘録/ケン・オーレッタ
¥1,995
Amazon.co.jp


『日本の路地を旅する』
日本の路地を旅する/上原 善広
¥1,680
Amazon.co.jp


『下流の宴』
下流の宴/林 真理子
¥1,680
Amazon.co.jp


『総理の娘』
総理の娘 ~知られざる権力者の素顔/岩見隆夫
¥1,995
Amazon.co.jp


『ガラパゴス化する日本』
ガラパゴス化する日本 (講談社現代新書)/吉川 尚宏
¥798
Amazon.co.jp


『墓標なき草原』
墓標なき草原(上) 内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録/楊 海英
¥3,150
Amazon.co.jp

墓標なき草原(下) 内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録/楊 海英
¥3,150
Amazon.co.jp


『ソ連から見た日露戦争』
ソ連から見た日露戦争/I・I・ロストーノフ
¥3,990
Amazon.co.jp


『ニッポンの刑務所』
ニッポンの刑務所 (講談社現代新書)/外山 ひとみ
¥840
Amazon.co.jp


を読みたくなりましたな。

タイトル:文藝春秋 2010.6月号
発売元:文芸春秋社
PR

体温力

2010年07月13日
著者:石原結寛
発売元:PHP

まぁ、なんというか、あれですな。

やはり、東洋医学なワケですよ。

そのすべてには原因があるのだから、目に見えて現れたことに対応するのではなく、根本から直すと言うことですなあ。
体温力 (PHP新書)/石原 結實
¥735
Amazon.co.jp


タイトル:体温力
著者:石原結寛

おすすめ度:☆☆☆(使えます)

たのしいRuby

2010年04月04日
著者:高橋征義+後藤祐蔵
発売元:ソフトバンクパブリッシング

やはり言語を覚えないとダメでしょうということで、読んでみた。

Ruby。

たしかに直感でわかる。

そこはCと違う。

もう、Cの時のように途中で辞めるのはやめましょう。
たのしいRuby 第2版 Rubyではじめる気軽なプログラミング/高橋 征義
¥2,730
Amazon.co.jp


タイトル:たのしいRuby
著者:高橋征義+後藤祐蔵

おすすめ度:☆☆☆(がんばれ、自分)

TRANSIT 6号

2010年01月31日
発売元:講談社

特集はギリシア。

「今日もギリシアは美しい」

はい、そう思います。

サイコーです。

行ってみたくなります。

ギリシア語は全くわからないけれど。

エーゲ海を眺めてぼけっとしたい。

で、今号ではコロンビアの広告に小島聖が登場。

やはり、この感じは好きですな。

あと、フジフィルムのGF670が欲しくなった。

フィルムのカメラです。

ブローニーのカメラです。

だから欲しいのですな。

あと、今号を読んでいたら

『ミュンヘン』

『東京オリンピック』
東京オリンピック[2枚組]
¥5,670
 

東京オリンピック [DVD]
¥4,990
Amazon.co.jp


『時よとまれ 君は美しい ミュンヘンの17日』

を観たくなりましたな。

タイトル:TRANSIT 6号
発売元:講談社

おすすめ度:☆☆☆☆☆(最高)

バレエの魔力

2009年11月04日
著者:鈴木晶
発売元:講談社

男性の手による男性のためのバレエ入門書。

で、その内容は踊る方よりも、観る方がメイン。

で、読み進めると、バレエを見たくなってくる。

いや〜バレエって奥が深いのですな・・・と、素直に思える。

そんな1冊。

バレエの歴史から、バレエの発展の仕方、そしてそもそもバレエってどんなモノなのか?どうやってみればいいのか?を教えてくれる。

そんなわけで、バレエを見に行きたくはなる。

が、オイラ、まだ言っていない。


タイトル:バレエの魔力
著者:鈴木晶

オススメ度:☆☆☆☆(ホントしてはおもしろいのだけれど、まだ見に行く勇気が出てこない)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

億万長者専門学校

2009年10月06日
著者:クリス岡崎

てっきりクリス智子かと思いました。

そんな話はさておき、億万長者になりたいので、読んでみました。

なれるのでしょうか?

で、著者曰く、お金とはありがとうの数だそうな。

おういえば、世界で一番のありがとうを集める・・・なんてのが社是の会社もありましたな。

オイラが作る会社は、みんなが幸せになる会社・・・に、したいですな。

まだ、つくっていないけれど。

なんてことを読みながら思っていたら

成功とは自分がもっと幸せになって、周りをもっと幸せにすること

ということが18頁にありました。

とりあえず、ポジティブシンキングと行動力。

1億円を貰えるではなく、稼げる、つくれる、何度でも!

と思うことが重要ですな。
億万長者 専門学校/クリス 岡崎
¥1,890
Amazon.co.jp


タイトル:億万長者専門学校
著者:クリス岡崎

オススメ度:☆☆(これでオイラが億万長者になったら満点ですな)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

読書について

2009年09月26日
著者:ショウペン・ハウエル
発売元:PHP

まさに、オイラのための本です。

そうです。

本は読むだけじゃダメなんでして、読んだ内容をよく考えて自分の知と結びつけなければダメでして、そこからさらに昇華させて、自分の考えをつくらなければダメなのです。

そんなわけで、むちゃくちゃにいい本ですな。

が、本を全く読まないような人がこの本を読むと、大きく勘違いをしてしまいそうです。

それにしても、この本には名言が詰まっている。

いくら量が多くてもそれが自分の頭で考えず、鵜呑みにした知識であるのなら、はるかに量は少なくても、十分に考え抜いた末に手にした知識の方が価値がある

とか

その程度の本だと気づいたら、ただちにその本を投げ捨てなさい。時間ほど貴重なものはないからである。

とか

ムチは富と結びつくと、人間の品性を卑しめる。貧困と苦悩は貧しい者から自由を奪う。


など。

もの凄い深い言葉に心が打たれます。

ってか、すごい。

やはり、教育と知識と品性が必要なんですな。
読書について 他二篇 (岩波文庫)/ショウペンハウエル
¥525
Amazon.co.jp


タイトル:読書について
著者:ショウペン・ハウエル

オススメ度:☆☆☆☆☆(最高)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

二人で育てるスローセックス イッたフリはもう、しない

2009年09月18日
著者:アダム徳永
発売元:講談社

女性向けのアダム本。

ジョージ朝倉と浅羽はれやかのイラストが手に取るハードルを下げてくれます。

が、内容はアダム節全開です。

が、内容は男性向けよりソフトです。

実技というよりも、スピリチュアル。

84ページにあるスローセックスは哀の積立貯金というフレーズはいいですなぁ。
二人で育てるスローセックスイッたフリはもう、しない。/アダム徳永
¥1,050
Amazon.co.jp


タイトル:二人で育てるスローセックス イッたフリはもう、しない
著者:アダム徳永

オススメ度:☆☆☆☆(スピリチュアルになれますな)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

こちら葛飾区亀有公園前派出所 164巻

2009年08月31日
著者:秋本治
発売元:集英社

今号のツボは、マンガなのにスピンオフさせちゃったところ。

いいねぇ、この発想。

そして、ネタとしてもちゃんとまとまっている。

そうなんですよ、そう。

中川は、かっこのいい両さんなワケなのだよ。

中川と両さん、この二人がいるからこち亀が面白いんですな。

で、中川の存在が麗子と両さんを、またつなぐわけですよ。

しかし、あれですな。

これだけキャラが立っているサブキャラがいるのに、両さんが埋もれないんだから、すごいよ。
こちら葛飾区亀有公園前派出所 164巻/秋本 治
¥420
Amazon.co.jp


タイトル:こちら葛飾区亀有公園前派出所 164巻
著者:秋本治

オススメ度:☆☆☆(ザ・定番)


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

貨幣理論と景気循環/価格と生産 ハイエク全集1-1 【新版】/ハイエク

2009年07月30日
著者:Findrich August von HAIEK

今の経済政策を、世界の経済政策トレンドを知るには、ハイエクでしょう。

そんなわけで、全集に手を出してみた。

1冊4725円

でも、使える・・・と思う。

ってか、これが簡単なレベルらしいのだけれど・・・この本を読む前に経済学の基礎を勉強しないとダメだ。

でもね、後書きに書かれていたけれど、日銀の総裁がやろうとしていることは、何となくこの本を読むとわかってくる。

不景気でインフレになったらどうすればいいのか?

日本がおそれるのはスタグフレーションじゃないのでしょうか?

そうしないため、それを避けるためにいろいろやっている気がする。
貨幣理論と景気循環/価格と生産 ハイエク全集1-1 【新版】/ハイエク
¥4,725
Amazon.co.jp


タイトル:ハイエク全集 I-1 貨幣理論と景気循環 価格と生産
著者:Findrich August von HAIEK

オススメ度:☆☆☆☆☆(理解度は☆だけれど、頑張る)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

これ以上やさしく書けない金投資入門

2009年04月14日
著者:植田進
発売元:実業之日本社

Goldですよ、Gold。

っても、株や、FXのかわりの金ではない。

有事の金、リスクヘッジのための金ですな。

145ページにあるのですが、金投資のリスクは価格変動リスクと、為替リスクの2つだけ。

つまり、ETFや、先物は金投資ではない。

それらは、ETFであり、先物取引と言うこと。

金投資は、現物に対する投資。

小さくこつこつはじめるのが、重要と言うことですな。

ローリスク、ローリターンが金投資の真髄ですから。

資産を長期的に小口で作っていくには純金積み立てだと思いますな。

もちろん、特定保管で。

変な期待を抱かないで、こつこつと。

人生と同じと言うことを、この本から教えてもらいましたな。
これ以上やさしく書けない金投資入門―“2000ドルへの大相場”をとらえて資産を殖やそう! (実日ビジネス) (実日ビジネス)/植田 進
¥1,470
Amazon.co.jp


タイトル:これ以上やさしく書けない金投資入門
著者:植田進

オススメ度:☆☆☆☆(地味にいいです)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

こちら葛飾区亀有公園前派出所 162巻

2009年03月08日
著者:秋本治
発売元:集英社

表紙は両さんと擬宝珠纏とレモンとみかん。

収録されているのは「ポイント人生の巻」「部長さん町へ行くの巻」「両さん浅草に帰るの巻」「初めての仲人の巻」「ありえない!?うらないの巻」「両津式英会話の巻」「スイフトハンターの巻」「プレッシャークイズの巻」

なんというか、ここまでクオリティが安定している漫画はすごい。

いつも思う。
こちら葛飾区亀有公園前派出所 162巻 (162) (ジャンプコミックス)/秋本 治
¥420
Amazon.co.jp


タイトル:こちら葛飾区亀有公園前派出所 162巻
著者:秋本治

オススメ度:☆☆☆(本当の意味での定番)
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね

ラスト・ゴッドファーザー―虚妄のオメルタ/サイモン・クリトル

2008年04月16日
著者:サイモン・クリトル
発売元:東洋経済新報社
ラスト・ゴッドファーザー―虚妄のオメルタ/サイモン・クリトル
¥1,995
Amazon.co.jp


ニューヨーク最後のゴッドファーザーといわれたジョゼフ・マッシーナのお話。
書いたのはマフィアだったけれど、FBIに魂を売っちゃった男。
この人をモデルにした映画も作られたことがあったそうな。
おいらは、その映画を観たことないですけれど。

で、本書の内容です。
もう、パトリシア・コーンウェルの小説みたい。
ドロドロで生々しい。
コッポラの映画のような美しさもなければ、日本のやくざ映画によくありがちな義理人情も、あまりない。
そもそも、組織を裏切るわけだし。
なんてことを考えつつ、読み終わると、悪の世界にもほんとうの大物はいなくなっちゃったんだね・・・なんて思えちゃったりするのが怖い。

タイトル:ラストゴッドファーザー
著者:サイモン・クリトル

オススメ度:☆☆☆(こんなかんじ)

闇の王子ディズニー 下巻

2008年04月10日
著者:マーク・エリオット
発売元:草思社
闇の王子ディズニー〈下〉/マーク エリオット
¥1,680
Amazon.co.jp


『白雪姫』の成功でハリウッドのスターに上り詰めたディズニー。
しかしですな、そのキリスト教原理主義者的な思考回路と、ユダヤ人が大嫌いな趣味と、アメリカン右翼的な態度が、どんどん彼を孤独に追い込んでいくわけですな。
まぁ、二重の仮面を生きていくということに関しては、ネズミの王国と変わりませんね。
作った人がそんな人なワケですから、そりゃ、その施設も映画もばっちりなワケですよ。

で、この本を読んでよくわかったのは、ウォルトさんの暗部というよりも、アメリカの暗部ですな。
いまも、ユダヤ人が嫌いなアメリカ人って多いのかしら?

タイトル:闇の王子ディズニー 下巻
著者:マーク・エリオット

オススメ度:☆☆☆(上下巻あわせて読んでくださいませ)
 | HOME |