忍者ブログ

F 13巻

2018年04月30日

著者:六田登
発行元:ゴマブックス

第13巻ではイギリス編の話がイッキにすすむ。

掛レースで日銭を稼いでいた軍馬は、マカオで自分のことを殴りつけたイギリス人と出会う。

彼の名前はグレッグ・オールマン。
元レーサーだということはなんのなくわかっても、彼がF1レーサーを何人も生み出しているレーシングスクールの校長だとは、気が付かなかった。
それを教えてくれたのは、軍馬の元同僚で、いまはレーシングカメラマンの五郎だった。

イギリスにいることが判明した軍馬。
日本での騒ぎも大きくなってきた。

そんな13巻のタイトルはFACETIOUS PHOENIX。




F 13巻 Kindle版


タイトル:F 13巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
おすすめ度:☆☆☆(よいね)
PR

F 12巻

2018年04月26日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

12巻はFOGGY LONDONですな。

人生に絶望したユキは自殺をしてしまい、ユキを死に追いやってしまった軍馬は責任を感じ、レーサーを辞めるという。

危なっかしい走りをするが、爆発的なスピードを持つ軍馬。チーム監督の黒井は「一年くらいなら」というが、軍馬は「ずっとだ」と答える。

そして、軍馬はイギリスに向かう。

物語が大きく切り替わる12巻。



F 12巻

タイトル:F 12巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆(良いですな)

F 11巻

2018年04月22日

著者:六田登
発行元:ゴマブックス

11巻はFRUITPUNCH

マカオで優勝した軍馬は一躍時の人に。
しかし、国内F3では山口音也にチャンピオンを奪われてしまう。

そして、雄馬のサポートを受けて山口はF3000に。

来期もF3に乗ることとなった軍馬のもとに、ユキが登場。

将馬に会社とお金を取り上げられ、軍馬のサポートも、ままならなくなったユキは軍馬に「結婚して」とせまる



F 11巻 Kindle版

タイトル:F 11巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆(面白い)

F 10巻

2018年04月21日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

10巻はFLARING LANDですな。
ついに始まるモナコF3。

前入りしてコースを覚えるはずの軍馬が、事故を起こしてしまった。
全身18箇所の骨にヒビが入り、腸も破裂した軍馬。なのに怪我をおして、スターティンググリッドに並ぶ。

世界中のチャンピオンを向こうに回して奮闘する軍馬であるが、奮闘するのは彼一人ではない。

軍馬に憧れていた弟の雄馬は、軍馬を憧れの対象ではなく、超えるべき存在であると再認識する。

モータースポーツと家族の葛藤が入り乱れる世界。

超面白い。



F 10巻 Kindle版

タイトル:F 10巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆☆(面白い)

F 9巻

2018年04月09日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

第9巻はFORE RUNNER。

聖が死んでしまい、ライバルと友を失ってしまった軍馬。

心に大きな穴が空いてしまった軍馬の姿は純子の元恋人・龍二にダブってしまう。
軍馬にも白い影が見えてしまう。
心に恐怖が忍び寄ってきてしまったのか?

という状況に、軍馬のライバルとなる山口音也が登場してくる。
そんな山口音也に軍馬の弟である雄馬が近づいていく。

身体が悪く自由に動くことが許されていなかった雄馬が軍馬に憧れ、軍馬を越えようと動き始める。

そんな第9巻。



F 9巻 Kindle版


タイトル:F 9巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆(おもろい)

F 第8巻

2018年04月03日

著者:六田登
発行元:ゴマブックス

第8巻は「FAIRLADY」

軍馬が聖の凄さを知り、そんな聖を認めたF3の開幕戦で聖は死んでしまう。

ライバルを失った軍馬であるが、その後、F3は6連勝し、シリーズチャンピオンに近づく。

そして、この巻から軍馬の父親、総一朗と軍馬の母親・静江の話も絡み始める。タモツ親子のハナシも重かったが、それよりもスケールが何杯も大きな話だよ。

戦後日本の復古と赤城家の歴史が絡み合う。

すげー面白い。



F 8巻 Kindle版

タイトル:F 第8巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆(面白い)

F 第7巻

2018年03月21日
著者:六田登
発行元:ゴマブックス

第7巻は「FINGER POST(限界走行)」

ついに開幕する全日本F3開幕戦。
聖は、自身の命が限界にあるということを知り、軍馬はそんな聖を越えようと、全身全霊を、かけてレースに挑む。

聖のチーフメカニックを担当するタモツと、軍馬のチーフメカニックを担当するタモツの親父の英二郎。二人は、互いに進退をかけてマシンの整備を行う。

しかし、聖に限界が訪れていることを知っているタモツは、遠隔操作で聖のマシンを止めようとする。
が、聖のマシンを止めてしまうと、タモツは群馬に帰り、農作業をしなければいけなくなる。

そんな第7巻。

聖の命はもつのか?



F 7巻 Kindle版

タイトル:F 第7巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆(やっぱ面白い)

F 6巻

2018年03月19日


著者:六田登
発行元::ゴマブックス

第6巻は「FIRST HAND」ですな。

黒井レーシングのF3ドライバーとなった軍馬。
FJからいきなりのF3。
そりゃ運転はうまくいかないけれど、軍馬は、黒井レーシングの先輩ドライバーである五郎をあっと言う間に抜き去ってしまう。

あまりにも日本人過ぎた男・黒井は、自身がセッティングをしていたF1のコピーマシンに軍馬をくくりつけ、通常では体験できないGを味合わせる。

聖レーシングのメカニックであるタモツと、黒井レーシングのメカニックであるタモツの親父が邂逅する。

聖はモナコGPの下見ということで、モナコに旅立つ。

全日本F3選手権という新たな舞台に移る前、登場人物が、その準備をする第6巻。
なのに、一切期が休まらない。

聖と軍馬の関係は、力石徹と矢吹ジョーと同じなんだよな、ということにいまさら気がつく、



F 6巻 Kindle版

タイトル:F 6巻
著者:六田登
発行元::ゴマブックス
おすすめ度:☆☆☆☆(面白いねぇ)

F 5巻

2018年03月14日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

5巻はFOREMOST。
マシンは大破させたものの、代わりのマシンを手に入れることに成功した軍馬。
病気を抱えた聖はFJ参戦を途中で取りやめ、F3にステップアップ。

マシンは手に入り、当面の資金問題は解決するも、聖の秘密を知ってしまったタモツは、軍馬のもとを離れて聖のもとに。

タモツがいなくなった軍馬は、これまでのようにマシンを走らせることができずに。

そして、聖のF3デビュー戦が近づくと、森岡モータースに一人の男が現れた。
その男は軍馬を自身のチームのF3マシンに乗せるという。それも、ギャラまで払って。

目の前にいきなり落ちてきた、ぼたもち。

今までの仲間を捨てて、軍馬はF3に進むのか?

というのが5巻のお話。

すげー複雑にいろんな話が走っているのに、ものすごい速いテンポで物語が進む。
マジですごい漫画だ。



F 5巻 Kindle版


タイトル:F 5巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆☆(すごい漫画だ)

F 4巻

2018年03月07日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

第4巻はFORBIDDEN FRUT(禁断の果実)。

参戦したばかりでFJ戦で優勝した軍馬。
聖よりも一つ上の表彰台に登った。

しかし、人生そんなに上手くない。
また、マシンが壊れてしまう。
マシンが燃えてしまう。

ついに金が尽きてしまった軍馬とタモツ。
タモツは、金と引き変えにチーム聖のメカニックに誘われる。
軍馬は実家に帰り、母親の形見を手に入れる。
そこで目にするのは不運なユキ。

一方、純子は軍馬の姿に龍二の姿を重ねて見るようになる。そして、純子は龍二を忘れよとし始める。

こうやってまとめると、このマンガ、スピーディーな展開なのに、伏線がいろいろと張り巡らされていて、すごいな。



F 4巻 Kindle版

タイトル:F 4巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆☆(名作だよね)

F 3巻

2018年02月28日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

第三巻はFERMENTATIONで大乱戦。
FJのシリーズ戦に参戦するも、いきなりマシンを壊してしまった軍馬。

ついに手持ちの資金が尽きてしまったタモツは、聖のメカニックになることで、当座のレース資金を稼ごうとする。

タモツを手元においておきたい軍馬も、自身の力で参戦資金を稼ごうとする。

自分自身のためにしか走ろうとしなかった軍馬が、徐々に他人のために走ることを覚え始めた第三巻。

いや、覚えるまでにはならないな。



F 3巻 Kindle版


タイトル:F 3巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス

F 2巻

2018年02月24日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

ついに自動車免許を取得したけれど、いきなり免停になった軍馬。

免許を手に入れた他に、中古のFJマシン、コベルコも手に入れた。

FJ編が、ついに本格稼働。
軍馬のライバルとなる聖や、砂井が登場し、周りを盛り上げる。

F3へのステップアップを考えている聖とタモツの関係性が次への伏線。

そして、純子の元恋人である佐伯龍二の話も。

あとから考えると、この2巻ってすごいことがわかる。




F 2巻 Kindle版


タイトル:F 2巻
著者:六田登
発行元:ゴマブックス
オススメ度:☆☆☆☆☆(やはり名作)

F (1)

2018年02月10日


著者:六田登
発行元:ゴマブックス

レース漫画の名作、F。
何人たりとも、俺の前を走らせねえ、ですね。

主人公は赤城軍馬。
トラクターにポルシェのエンジンは、知っている人だけがニヤニヤできる設定(その昔、ポルシェはトラクターを作っていた)。

速さだけでは生き残れない。金と人間関係がレースでは何よりも重要ということを知ってるレース漫画。

第一巻は軍馬が赤城家を追い出されて、東京に出ていき、小森家のみんなと出会い、タモツを騙して中古のFJ1600を購入するまでのお話。

そんな第一巻のタイトルはFARMERS(農民たち)ですな。



F 1巻 Kindle版

タイトル:F (1)
著者:六田登
発行元:ゴマブックスオススメ度:☆☆☆☆(やはりよいね)

プロレススーパースター列伝(16)

2018年02月03日


原作:梶原一騎
作画:原田久仁信
発行元:グループ・ゼロ

デジタルリマスター版16巻は、東洋の神秘、ザ・グレート・カブキの回。
覆面ではなく、ペイントレスラーとして全米のトップレスラーに上り詰めたカブキ。

カブキ自体は日本プロレスに在籍していた高千穂で、馬場や、猪木の後輩にあたる。

グレート・ムタも、カブキがいなければ、そんざいしなかったわけで、そう考えると猪木や、馬場と同じく、歴史を作ったレスラーであることには間違いないといことな。

そして、アメリカのトップを極めた男なので、信じられないほど高額のギャラを得ていたのよね。

そして、ついこの間まで、現役だった、ホントのレジェンド。

それが、ザ・グレート・カブキであったということね。



プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 16 Kindle版

タイトル:プロレススーパースター列伝(16)
原作:梶原一騎
作画:原田久仁信
発行元:グループ・ゼロ
おすすめ度:☆☆☆☆(やはり、カブキはカッコいい)

プロレススーパースター列伝(15)

2018年01月31日

原作:梶原一騎
作画:原田久仁信
発行元:グループ・ゼロ

キングコング・ブルーザー・ブローディの後編。
ブローディがついに日本に上陸。全日本プロレスにキングコング旋風を巻き起こす。

で、1970年代後半から1980年代前半といえば新日と全日のレスラー引き抜き合戦が繰り広げられていたわけだけど、その合戦のど真ん中であった、スタン・ハンセンの全日移籍がきっちり描かれている。

そして、スタン・ハンセン&ブルーザー・ブローディの超獣タッグの結成なワケですよ。

でも、ブローディ、殺されちゃうんだよな。



プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】 15 Kindle版

タイトル:プロレススーパースター列伝(15)
原作:梶原一騎
作画:原田久仁信
発行元:グループ・ゼロ
おすすめ度:☆☆☆(やはり面白い)
 | HOME | 次のページ »