忍者ブログ

ギャラリーフェイク 11巻

2016年10月26日


著者:細野不二彦
発売元:小学館

11巻のタイトルは「顔のない自画像」

佐伯祐三の自画像がモチーフになっております。藤田の大学時代の恩師、船村先生も登場してきます。

そんな11巻に収録されている話は

「からくり奇譚」
「贋作紳士」
「砂漠の大画廊」
「八点鐘」
「バブル再訪」
「萩焼のこころ」
「ダディ・ペア」
「伊万里の道」
「顔のない自画像」

この中で面白かったのは滝川太郎をモチーフにした「贋作紳士」ですね。滝川太郎、昭和中期に活躍した美術商で、贋作作家。実在の人物。ウィキペディアで調べなかったら、民明書房刊と同じで、ネタかと思ってしまうところでしたわ。
滝川は西洋絵画の贋作を大量に製作した人物として知られている。もともと彼は絵画を中心とした西洋美術をパリで買い付けて日本に持ち込むという画商業を営んでいたが、同時に鑑定家としての知識を流用して多数の西洋絵画の贋作を作成した。
1968年(昭和43年)、芸術新潮による大々的な「滝川贋作」の糾弾報道によって、贋作事件が明らかになった。
1971年(昭和46年)、本人が芸術新潮の取材の中で、200点をはるかに超える西洋絵画の贋作を製作したと告白した。
画家としての滝川作品も数多く、各地の美術館や画廊で現在も見ることができる。その多くは印象派的で牧歌的な風景作品が中心である。

贋作というのが、社会問題になるようなことがあったんですねぇ。。。と、ただ驚いてしまいましたわ。

あと、ウィンズロウ・ホーマーをモチーフにした「八点鐘」。

『メキシコ湾流』(1899) メトロポリタン美術館

ヨーロッパからの移民の少年が、海運会社に拾われて、その海運会社のオーナーを追い出し&乗っ取り、しかし、今度は自分が会社を追われてしまう。

そんな栄光と転落を、船旅とホーマーの絵に重ねて語るのが素晴らしいです。




ギャラリーフェイク(11) (ビッグコミックス) Kindle版


タイトル:ギャラリーフェイク 11巻
著者:細野不二彦
発売元:小学館
オススメ度:☆☆☆(良いですなぁ)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字