忍者ブログ

ギャラリーフェイク 30巻

2017年08月02日
著者:細野不二彦
発売元:小学館

第30巻のタイトルは「稚児迷走」。
祇園祭で登場する生き神様であるお稚児様のお話ですなぁ。
こういう風流系のネタを織り込んでくるのも、ギャラリーフェイクの良いところですな。

で、そんな30巻に収録されてるのはこんな話。

・美しきことは
・稚児迷走
・蛇口
・停電来る。
・赤ずきんちゃん、ご用心!
・鳥籠酒家
・破戒
・シルクロードからの土産

サラの母国はクゥエート(Q国ですね)という設定。クゥエートの王族という設定で、イラクに侵攻された時に、命からがら日本に逃げてきたということになっている。
そんなクゥエートのお隣の国、イラクがモチーフになっているP国からやってきたアリさんがサラに恋してしまうというお話が、「破戒」。
秘密警察の暗殺者であったアリくんが、故国と仕事を捨て、敬虔なイスラム教徒として日本で生活を立て直そうとしていた時に、出会ったのがサラ。
サラは敬虔なイスラム教徒だったけれど、戦争で両親を失ってしまい、イスラム教から心が離れ、美術品を扱う仕事についている。

色々考えると色々深い話が詰まっている、そんな「破戒」が30巻では一番のお気に入りですな。



ギャラリーフェイク(30) (ビッグコミックス) Kindle版

タイトル:ギャラリーフェイク 30巻
著者:細野不二彦
発売元:小学館
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字