忍者ブログ

いつかはいきたい一生に一度だけの旅BEST500

2016年04月29日

発売元:日経ナショナルジオグラフィック社

いいわ、この本。

旅したい。

そんな希望がふつふつと湧き上がってくる。

500の旅が、水上を楽しむ旅、ドライブの旅、鉄道で世界絶景めぐり、地球の散歩術、文化に親しむ旅、世界の美食を求めて、スポーツの旅、空からの眺めを楽しむ、歴史を味わう旅と別れております。

どれもがおもしろい旅なんだけれど、とくに「水上を楽しむ旅」と「ドライブの旅」と「鉄道で世界絶景めぐり」がいいね。

船旅で、世界の絶景を楽しみたいですわ。

とくに「シアトルからアラスカ」と「南部チャールストンと低地地方クルーズ」と「ザンベジ川下流」の旅がしたい。

ザンベジ川はアフリカだけれど、他はアメリカ。

アメリカの大自然の中を船で旅してみたいね。



いつかは行きたい 一生に一度だけの旅BEST500 [コンパクト版]


タイトル:いつかはいきたい一生に一度だけの旅BEST500
発売元:日経ナショナルジオグラフィック社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(よいほんだね。何度も読みたくなる)
PR

軽井沢 地図とお店 2015-2016: 地元新聞社による軽井沢の徹底ガイド

2016年03月01日


編集:軽井沢新聞社 編集部
発売元:軽井沢新聞社

やっぱさ、ガイドブックって、立体的に行きたい場所の情報を知ることができるから便利なのよね。

Webの情報だと、どーしても平面的になってしまう。いや、Webこそマトリクス状にリンクを張り巡らせて、あっちこっち移動ができるわけなんだけれど、そうじゃないんだよなぁ。食べログや、トリップアドバイザー、ナビタイム、グーグルマップ…などなどを使えば知りたい情報は断片的に知ることができるんだけれど、違うんだよね。

やっぱ、こういうところ日本の良さがあるよね。

ということを再確認。

いや、軽井沢って、そんなに詳しくないからねw




軽井沢 地図とお店 2015-2016: 地元新聞社による軽井沢の徹底ガイド

タイトル:軽井沢 地図とお店 2015-2016: 地元新聞社による軽井沢の徹底ガイド
編集:軽井沢新聞社 編集部
発売元:軽井沢新聞社
おすすめ度:☆☆☆(ですな)

TRANSIT 発刊第23号

2016年02月07日


発売元:講談社

23号の特集は「美しき水と密林の奥 ベトナム・カンボジア・ラオス」ですわ。

まぁ、綺麗なんですよ。自然と歴史が交じり合って、東洋と西洋が混ざり合って。でも、この場所はつい最近まで戦争があった場所なんだよな。日本にいる難民の多くは、このインドシナ紛争から逃れてきていた人たちなんだよな。

うむ。

やはり戦争ってダメなんだよな。起こしちゃダメなんだよな。でも、だからといって、戦争に関する情報を全てシャットアウトしてしまうのもダメなんだよな、ということがわかりましたわ。

はい。

で、思ったのですが、TRANSITって、日本で唯一、NATIONAL GEOGRAPHICに対応しうる雑誌なんじゃないかと思うわ。この本に掲載されている写真というか、風景は、もう二度と目にすることができないかもしれないんだし。




TRANSIT(トランジット)23号 美しき水と密林の奥―ベトナム・カンボジア・ラオス― (講談社 Mook(J))

タイトル:TRANSIT 発刊第23号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(いいほんですわ)

TRANSIT 発刊第20号

2016年01月20日

発売元:講談社

20号は「特集:永久保存版!美しきミャンマー」ですわ。

いわゆるビルマですわ。

ミャンマー、スズキのシェアが高いんだよね。

で、スズキが自動車生産工場を立ち上げようとしているんだよね。

そんな仏教国に行ってみたいですわな。

しかし、写真の綺麗な本ですわ。



TRANSIT(トランジット)20号 美しきミャンマーの宝もの (講談社 Mook(J))


タイトル:TRANSIT 発刊第20号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆(ですな)

ゼロからでもできる農業のススメ

2015年12月21日

著者:常瀬村泰
発売元:扶桑社

あれですね。

農業みんなはじめましょうよ!という本ですね。

農家の長男なので、読んでみましたが・・・

まぁ、何も知らないけれど、農業を始めてみたいという方向けですね。

はい。



ゼロからでもできる農業のススメ 扶桑社新書


タイトル:ゼロからでもできる農業のススメ
著者:常瀬村泰
発売元:扶桑社
おすすめ度:☆☆(うむ)

絶対に行けない世界の非公開区域99

2015年06月15日


著者:ダニエル・スミス
発行元:日経ナショナルジオグラフィック社

非公開の場所なのに、写真が掲載されているという不思議な本w

ってか、そんなツッコミはおいておいて、この本面白いわ。

はっきりいって、知っている場所のほうが多かった。

しかし、世の中には知らない場所もたくさんあるわけで

その知らない場所というのが興味津々丸になるわけですよ。

たとえば

沈没した潜水艦K-129

とか

太平洋巨大ゴミベルト

とか

燃え続ける町セントラリア

とか

地雷原バスクール

とか

ほんと、世の中知らないことだらけなのよ。



絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで


タイトル:絶対に行けない世界の非公開区域99
著者:ダニエル・スミス
発行元:日経ナショナルジオグラフィック社
おすすめ度:☆☆☆☆(おもしろい)

散歩の達人Mook 東京都心さんぽ

2014年06月29日


発売元:交通新聞社

たまには。

都心部分のお勉強ですね。

タイトル:散歩の達人Mook 東京都心さんぽ
発売元:交通新聞社
おすすめ度:☆☆(いい本ですね)

TRANSIT 発刊第17号

2014年05月18日


発売元:講談社

大特集は「美しきイタリア」なわけですな。

タイトル:TRANSIT 発刊第17号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆(写真は美しいわけですよ)

文房具と旅をしよう

2014年05月13日


発売元:ブルース・インターアクションズ

このまったりとした旅のエッセイ、好きだわ。

フィンランド、スウェーデン、イギリス、フランス、オランダをのんびりとめぐる旅。

現地で仕入れた文房具も良いわ。


文房具と旅をしよう


新品価格
¥1,680から
(2014/2/20 10:42時点)



タイトル:文房具と旅をしよう
発売元:ブルース・インターアクションズ
おすすめ度:☆☆(イイね)

TRANSIT 発刊第21号

2014年02月16日

発売元:講談社

今月号は

美しきアルゼンチン

行ってみたいよ〜

アルゼンチン!

ラリーに出たいのよ〜

アルゼンチンラリーに!

タイトル:TRANSIT 発刊第21号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆(面白いですな)

TRANSIT 発刊第19号

2014年02月07日


発売元:講談社

特集は

永久保存版!美しき北欧

ですな。

すばらしかね。

タイトル:TRANSIT 発刊第19号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆(行きたくなる本ですな)

赤ちゃんのつぶやき

2013年08月20日


著者:大塚昭二
発売元:赤ちゃんとママ社

読んでおけ。

そりゃ、トーゼン、赤ちゃん本人が語った内容ではないですが

赤ちゃんについて詳しい小児科医が、赤ちゃんを代弁して書いた内容です。

うん。

ウチの娘のことについてもよく分かる理由ですよ。

そんなわけで、読んでおきましょう。

赤ちゃんのつぶやき

新品価格
¥1,050から
(2013/6/12 13:08時点)




タイトル;赤ちゃんのつぶやき
著者:大塚昭二
発売元:赤ちゃんとママ社
おすすめ度:☆☆☆(お父さんにもぜひ)

TRANSIT 発刊第18号

2013年06月15日

発売元:講談社

今月号は「特集 永久保存版!美しきチベット」

いや、本当に永久保存版ですわ。

今の時代、ここまでチベットの情報を、チベットの写真を集めた本って無いでしょう。

もう、ここに掲載されているチベットはないかもしれない。

そう考えると悲しくなってきますな。

そして、ラサだけでなく、シャッキムや、ザンスカール、ブリヤート、トゥパンと、まったく知られていないようなチベット仏教国を紹介しているのが素敵。

やはり、チベットに行きたくなって来ましたわ。

で、そんな今号を読んでいたら

『失われた地平線』

失われた地平線 (河出文庫)

新品価格
¥735から
(2013/5/29 10:46時点)




『空白の5マイル チベット世界最大のツアポン溪谷に挑む』

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

新品価格
¥1,680から
(2013/5/29 10:46時点)




『チベット 永遠の書』

チベット永遠の書―宇宙より遥かに深く 「シャンバラ」極限の恐怖の果てに「生」の真理を見た

中古価格
¥127から
(2013/5/29 10:47時点)





『チベット魔法の書』

チベット魔法の書―「秘教と魔術」永遠の今に癒される生き方を求めて

中古価格
¥1,380から
(2013/5/29 10:47時点)




を読みたくなりましたな。

TRANSIT(トランジット)18号 美しきチベットの未来 (講談社 Mook(J))

中古価格
¥2,200から
(2013/5/29 10:46時点)




タイトル:TRANSIT 発刊第18号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)

TRANSIT 発刊第15号

2013年02月05日


発売元:講談社

大特集は「永久保存版! 美しきトルコ 魔法にかけられて」

そんな今号を読んでいたら

『トルコ世界一の親日国』

トルコ世界一の親日国―危機一髪!イラン在留日本人を救出したトルコ航空

新品価格
¥1,575から
(2012/10/14 23:20時点)




トルコ世界一の親日国―危機一髪!イラン在留日本人を救出したトルコ航空

『世界の使い方』

『エグザイルス』

が読みたくなりましたな。

それにしても、チャーラ・クバット、ネスリハン・ダルネル、ハディッセって美人ですな。

TRANSIT(トランジット)15号 美しきトルコの魔法 (講談社 Mook(J))

中古価格
¥2,488から
(2012/10/14 23:19時点)




TRANSIT(トランジット)15号 美しきトルコの魔法 (講談社 Mook(J))


タイトル:TRANSIT 発刊第15号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(最高な定番ですな)

TRANSIT 発刊第14号

2013年02月03日


発売元:講談社

今号は「美しき西海岸 自由はきっとここにある」

アメリカ西海岸のおはなしです。

いいなぁ・・・

行ってみたいですわ。

TRANSIT(トランジット)14号 美しき西海岸を走り抜けて (講談社 Mook(J))

新品価格
¥1,800から
(2012/10/12 08:21時点)




TRANSIT(トランジット)14号 美しき西海岸を走り抜けて (講談社 Mook(J))


タイトル:TRANSIT 発刊第14号
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆☆(いい!)
 | HOME | 次のページ »