忍者ブログ

トヨタ SAI(サイ)登場!

2009年10月20日
トヨタ SAI(サイ)です。

トヨタのハイブリッド専用車種です。

そりゃ、マークXの扱いは小さくなりますよ。

そして、たぶん、新型プリウスはこの価格帯で登場するはずだったと思う。

【トヨタ SAI 発表】小さな高級ハイブリッド

価格帯は「S」(2WD・FF)の338万円から「G“ASパッケージ”」2WD(2WD・FF)426万円まで。

高いなぁ。

インサイトは189万円~221万円。
プリウスは205万円~327万円。
レクサスHSは395万円~535万円。
クラウンハイブリッドは595万円~619万円。

・・・・。

SAIを登場させるより、プリウスの生産ラインを増やした方がいいんでは?

と思いつつも、プリウスの価格帯じゃ、利益薄いんだろうなぁ・・・と思う今日この頃。

燃費については、2.4リットル・アトキンソンサイクルエンジンと電気モーター、リダクションギヤを組み合わせたハイブリッドシステム「リダクション機構付のTHS II」を搭載。ゆとりの動力性能を確保しながら、コンパクトカーに相当する10・15モード:23.0km/リットル、JC08モード:19.8km /リットルの燃費を実現した。


だそうな。

そもそも、エコを考えるのなら、もうチョットコンパクトでいいんじゃないでしょうか?

10・15モード:23.0km/リットルじゃ、フィットに負けちゃいます。

デミオ、ティーダ、スイフト、ノートも10・15モードで20.0km/リットルを超えています。

広いよ、ティーダのリアシート。

やすいし、ティーダの1.5リッターの方が。

そしたらオイラはティーダを・・・

なんて考えてしまうのですが。

日産がセレナハイブリッドなんて登場させたら、ガラッと勢力図が変わりそうです。

セダン不人気の時代にあって、なんでハイブリッド専用車はセダンばかりなのでしょうか?

まぁ、あれ(プリウス)は5ドアだって話もありますが。

同じような形のハイブリッドばかりじゃ、飽きますわ。

日産がセレナハイブリッドを登場させるか?

ホンダがストリームハイブリッドを登場させるか?

トヨタがプリウスワゴンを登場させるか?

そうなったとき、新しいハイブリッド戦争が始まるともう。

そして、個人的にはトヨタ SAI(サイ)のサイズなら、ディーゼルの方が効率よさそうな気がしますわ。

★PR★トヨタ SAI(サイ)購入の第一歩は、今の愛車の高価買い取りから!★PR★



インターネット限定価格「ネット割」




PR
Comment
>中古車査定さん
また来てくださいねぇ~
中古車査定
始めまして:
横浜で中古車査定の新しいサービスがはじまりました!
あなたが乗っている車は今いくらになったのか知りたいですか。
ヤフージャパンで中古車査定サービスを検索すればプライムゲートのホームページが見られます。
>しぐま
そうなのよ、そう。

プリウスじゃ利益率が低いから、プリウスと同じシステム搭載して値段の高いハイブリッドカーを作っちゃおう

という魂胆が見えてくるのがイヤなのですなぁ
No title
僕はこの車をトヨタのハイブリッドシステムのコストだうんのための車だと認識しています

プリウスは生産が間に合わないみたいだけど、ほかにもハイブリッド車はある たとえば、クラウンハイブリッド、エスティマハイブリッド、あとレクサスLSのハイブリッドにHS

いかんせん、これらの車種は台数がでない

やっぱりボリュームゾーンの車がないと、ハイブリッドシステムは金がかかって仕方がない

SAIは顧客のために作られた車というより、トヨタの都合でつかれた車なんじゃないかなあとおもっています
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

「マーク X ジオ:トヨタ」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。