忍者ブログ

妊娠力をつける

2009年05月15日
著者:放生勲
発売元:文芸春秋社

出生率の低下は日本だけでなく、世界的な問題。

と言う話しをHNKで見たので、いろいろ知りたくなって、読んでみた。

基本的にこの本は、日本のお話し。

それも具体的に不妊治療や、それにまとわるエトセトラが語られている。

著者は「こまえクリニック」の医院長にして、不妊ルームというサイトを運営しているけれど、内科医。

そんな著者が奥様と一緒に体験した日本の不妊治療に対して、医者の目線と患者の目線で、よりよく改善する方法を述べている。

そんなわけで、本書を読むだけで、もの凄くありがたいというか、著者を無条件で尊敬してしまいたくなってくる。

ここまで人のためにがんばれるなんて。

すてきですな。

で、妊娠力をつける基本は、まず、相手を思いやること。

次に基礎体温と言うことらしいですな。

で、その次の段階で治療、と。

ちなみに、不妊症の検査において必要なのは、女性には基礎体温表と子宮管造影検査、男性には精液検査なんですって。

男なのであれなのですが、たぶん、この本を読んで救われた気持ちになった人はたくさんいるのだと思う。

タイトル:妊娠力をつける
著者:放生勲

オススメ度:☆☆☆☆☆(いや、みんなも読んだ方がいい)

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
お暇なら読んでね
PR
Comment
4 ■Re:Re:>愛世界さん
>愛世界さん

はじめて、コメントへの返信の仕方がわかった!w

最近、真面目に政党を作ろうと思っている今日この頃です
3 ■Re:>愛世界さん
>かんまにさん

そうそう!わたしもさ!人口は減ってくもんだと

ずっと思ってたからね・・このコラム読んで
あれ〜〜?????て思ったの!こういうコラム載せてるから!駄目なんだね?きっと!( ´艸`)

もっと色んなコラム読んでみるね〜でもさ〜
あれ??っていうのたまにあるよね?
絶対的なこと言ってる頭のいい人たちさ!
本で発表してないで実際政治家になって
やって欲しいな〜とか思い時あるもん!
だから少なくともハシモトさんは偉いと思う・・
減給してもやってるから〜(*´σー`)
2 ■>愛世界さん
50年で半減する日本人の人口。50年で半減と言うことは、22世紀を迎えることができないと言うこと。
ちなみに、超高齢化社会は日本だけのお話しじゃない。
約1000年くらいで人類はゼロになるでしょう。
50億年の歴史の中では、一瞬ですなw
1 ■妊娠ふりましたね!
得意分野ですけど。さくっと!

実はこの前徳川の学習院の人ですけど、

2050年には人口90億になるため

水とか生活環境整える必然性

みたぃなコラム読んだんです!
後ね・・アメリカでミツバチが全滅してる話!


要するに・・・年寄りが増えるということだと

思ったのですが!私が思うに・・・せっかく

多額のお金をかけて授かった命!

友達も不妊治療に莫大はお金をかけてます!

その分・・若者が年寄りの生活をさせないで済む制度に切り替える必要があるし・・

そうしないとみんな怖くてますます!子供産まないと思うのです・・・しかし!その一方で


幼児虐待問題も深刻です!それ中心に


やってるのが私のサイトのカルスさんって人なんですけど・・・・バーストーリーで

文学サイトの人です!
それで〜子宮の神秘についてはまた後日とさせていただきます!徳川記念財団の人は

江戸に環境問題と学ぶべきとのべていて

これこれ〜と思いました!そのケンにつぃては!

江戸アキバ王子さんがやってますけど、

要するにみんなで広げよう!!アメブロの



輪!!和!!
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: