忍者ブログ

最新建設業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本 第3版

2017年03月15日


著者:阿部守
発売元:秀和システム

ほんとうに、建設業界の動向とカラクリが、よくわかる本。

何が驚いたって、メガゼネコン、スーパーゼネコンと呼ばれている大林・鹿島・清水・大成・竹中の売上よりも、大和ハウスの売上の方が大きいってことだw 大林・鹿島・清水・大成・竹中が1兆円代の売上高なのに、大和ハウスだけが3兆円代w ちなみに、大林・鹿島・清水・大成・竹中の売上高は積水ハウス、大東建託と同レベル。

どんだけ日本の住宅市場はでかいんだよって話だな。

で、そんな諸々、いろんな建設業界についてのことがわかりやすく説明されている1冊。
中でもものすごく役に立つのがゼネコンの業務フロー公共工事開始までのステップ建築設計の仕事の流れがわかりやすくまとめられていることですな。

ゼネコンの業務フローはステップとして、こんな感じ。

・市場調査
 ・市場調査
・企画提案
 ・企画立案
 ・基本設計
 ・概算見積もり
・設計
 ・構造設計
 ・設備設計
 ・詳細設計
 ・詳細見積もり
・契約
 ・契約
 (・設計変更)
 ・調達計画
・施工
 ・施工
 ・調達
・引き渡し
 ・引き渡し
・アフターサービス
 ・定期訪問
 ・診断
 ・リニューアル

公共工事開始までのステップは、こんな感じ。

・情報収集(外部)
 ・事業認可情報
 ・建設コンサルの設計受注情報
 ・工事物件情報(入札物件など)
 ・他社動向調査
・入札準備(社内)
 ・同種工事の実績収集
 ・入札参加の判断
 ・積算資料の収集
 ・予定価格の推定
 ・実行予算の算定
 ・入札価格の決定(営業部長・土木部長)
・入札
 ・落札
 ・契約
 ・地元挨拶
 ・営業から工事担当者へ引き継ぎ
・工事開始

建築設計の仕事の流れは、こんな感じ。

・設計準備
 ・基本設計の準備
  ・敷地調査
  ・物件概要検討
  ・法規制の調査
  ・発注者と相談協議
  ・企画提案
・基本設計
 ・建築計画の確立
  ・建築意匠計画
  ・構造計画
  ・設備計画
  ・室内計画
  ・外構計画
  ・各計画間の調整
  ・各計画の法規制確認
・詳細設計
 ・実施設計図書の作成
  ・建築意匠設計
  ・構造設計
  ・設備設計
  ・室内設計
  ・外構設計
  ・発注者との最終調整
  ・建築確認申請図の作成
  ・工事打ち合わせ、見積もり
  ・実施設計図書の作成
・工事監理
 ・工事中の管理
  ・工事現場検査、立会
  ・設計図書との照合
  ・工事関係者との検討
  ・設計図/工作図の確認承認
  ・製品検査
  ・諸官公庁検査、完成検査立会
  ・引き渡し準備
・完成
 ・竣工検査後引き渡し
  ・竣工検査
  ・設計/竣工品質確認検査
  ・引き渡し

全く建設業界の仕組みが知らない人でも、様々な流れをかんたんに理解できる素晴らしい本ですな。



図解入門業界研究 最新建設業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版] (How-nual図解入門業界研究)

タイトル:最新建設業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本 第3版
著者:阿部守
発売元:秀和システム
おすすめ度:☆☆☆☆☆(ものすごく良い本ですね)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字