忍者ブログ

リッツ・カールトン たった一言から始まる「信頼」の物語

2017年05月06日

著者:高野登
発売元:日本実業出版社

著者は元リッツ・カールトン日本支社長。そりゃ、リッツ・カールトンのサービスのヒケツがしっかり書かれておりますでしょうよ、と。でも、そんなことは書いてなかった。

人として基本的なこと、基本だけれど重要な事がしっかり書かれていた。

そんな本書の中で好きだったのはこんなフレーズ。

多忙だけれど頼みやすい、やるべきことをやり続ける。この二つを意識するのが「信頼」作りの鉄則

その場での自分の役割にどれだけ気を配っていますか?それに応じた存在感を作っていますか?

「安心」を感じさせることも、信頼につながる気遣いです。

どんなときでも、その状況を楽しみ、余裕を持つこと。心に響くアイディアが生まれる秘訣です。

会社が好き、その商品が好き、仕事が好き。そんな人と関わりたいとみんな思っています。

部下でも上司でも、相手を尊敬することで信頼は深まります。

忙しいときこそ、リーダーが「息抜き」の時間を作ろう。

失敗の理由は言わない。失敗の事実はすぐに伝える。

よいことがたくさんかかれている本ですね。



リッツ・カールトン たった一言からはじまる「信頼」の物語 単行本(ソフトカバー)

タイトル:リッツ・カールトン たった一言から始まる「信頼」の物語
著者:高野登
発売元:日本実業出版社
おすすめ度:☆☆☆☆(良い本ですね)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字