忍者ブログ

日経ビジネス 2017.02.06

2017年04月08日
発売元:日経BP社

大特集は「スマホ、EVに暗雲 元素が買えない 自国優先主義が招く危機」。まぁ、そりゃそうだよね。でもさぁ、スマホや、EVが流行ったのって、ガラケーや、ガソリン自動車が「そろそろ割に合わなくなったからなんだよねぇ。新しいのほしいよねぇ」という流れがあったからなわけで、ニッケルや、リチウム、ジシプロシウムがなければ、EVに進まずに、ガソリンエンジンの効率化に技術がふれると思うぞ。ってか、これは日本への経済制裁の意味を込めて、中国がレアアースの輸出制限に振り切ったら、失敗したという事実があるじゃないか。

中国のレアメタルバブル崩壊が近づいている「社会主義市場経済」に潜む「危ない構造」

で、そんな記事の中でも面白かったのが買えないなら作れ 現代の「錬金術」ですわ。
竹からセルロースナノファイバー(CNF)を作り出し、CNFから高強度プラスチックや、食品包装材、粘着剤を創りだすのだとな。ちなみに、竹ってアジアにしか無いんだよな。

で、そんな今週号で面白かったのはこんな記事。

「就活2018」を徹底攻略 ブラック企業には独特の”ニオイ”がある
求人広告が常に出ていたり、初任給が同業他社に比べて高かったり、内容空疎なカタカナや横文字を多用して業務内容が説明されていたり、うあ利害や夢などの精神論ばかりで語られている。
お!うちの会社じゃないかw
まぁ、殆どの日本の企業が当てはまるのですが、殆どの日本企業が当てはまるから、日本企業の生産性が低いんだよなぁ。

食一 鮮魚及び水産加工品の卸売 珍魚を直送、高級魚に
この会社いいね。漁港で捨てられてしまっている、いわゆる下魚を、日本中の居酒屋に直接つどけて、高級魚に。安く売るのではなく、高く売る。こういう発想が素敵。こうやって、資源と漁師を守る取り組みをしないと、日本の漁業は終わってしまう。

で、そんな今週号を読んでいたら、こんな本を読みたくなった。

『究極にうまいクラフトビールをつくる』




『仕掛学』



仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方

タイトル:日経ビジネス 2017.02.06
発売元:日経BP社
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字