忍者ブログ

日経ビジネス 2017.2.27

2017年05月05日

発売元:日経BP社

特集は 「すべる経産省 舞台広がれど視野狭く」。うむ。経産省が旗を振らないほうが世の中うまく行くんじゃないんでしょうかね?市場原理に任せたほうが。自動車産業が、うまく回っていたのって、国が変な指導をしなかったからだと思うのよね。規制はかけたけれどさ。

で、そんな今週号で他に面白かった記事はこんな記事。

トヨタ生産方式を作った男たち
今や世界中の企業からバイブルのように扱われているトヨタ生産方式なのですが、最初は下請けイジメをするための方法だと思われていたんだってさ。そして、国会でも「トヨタはトヨタ生産方式で下請けをいじめてる」と取り上げられたほどなんですとな。へぇぇぇぇ~でありますわ。

米国境税めぐり”内戦”が勃発
そうなんだよなぁ。輸出に頼っている企業であれば、国境税は産業を守ってくれるから良いお話なのですが、輸入に頼っている企業であれば、国境税は逆風でしかない。敵と味方にきれいに分かれて激論を交わすのはよいことだ。だって、全て絵のことにおいてメリット・デメリットがあるわけで、それをきれいに並べて「ドチが得か?」をやるのがよいよね。ってか、それがふつーよね。

賢人の警笛 日本電産会長兼社長永守信繁
永守社長、いいこと言っているわ。「経営の基本を徹底すればハードブレグジットも恐るるに足らず」って、そのとおりですわ。EUに残っても残らなくてもメリットデメリットがあるのだから、それをきれいに並べていつも最適な選択をすればいいだけなんだよな。メリットだけの話じゃないしな。

で、そんな今週号を読んでいたら

『デジタルアポロ』


『ロボットの歴史を作ったロボット100』


『インド科学技術情勢』


を読みたくなりましたな。

タイトル:日経ビジネス 2017.2.27
発売元:日経BP社
おすすめ度:☆☆☆(定番ですな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字