忍者ブログ

7歳までに知っていおきたい!「ひとりっ子」の育て方

2017年03月31日

著者:和田秀樹
発売元:学研パブリッシング

我が家もほぼ、ひとりっ子確定なので、娘さんをまっすぐすくすく育てるためにはどうすべきか?その悩みを払拭するために読んでみましたわ。

自身と愛情を持って育てれば良い、と。

子供の人生は子供のものなのだから、子どもが自分の力で生き抜くことができる、そんな力を与えることだ、と。

そして、そのサバイバル能力は学力によって構成される、と。

愛情と優しさを持って、うちの娘さんに接しよう。

他人は他人、うちはうち。

生きる力を、まず親に与えてくれる素敵な1冊ですね。



7歳までに知っておきたい!「ひとりっ子」の育て方

タイトル:7歳までに知っていおきたい!「ひとりっ子」の育て方
著者:和田秀樹
発売元:学研パブリッシング
おすすめ度:☆☆☆☆(勇気がわきます)
PR

8歳までに知っておきたい!幸せな女の子の育て方

2017年01月27日

著者:和田秀樹
発売元:学研パブリッシング

オン案のこの父親なので読んでみましたわ。
基本はいっぱい愛することと、夫婦仲が良い所を魅せつけることですな。

で、和田秀樹センセイがいう、幸せな女の子の育て方とは下記7点。

・上昇志向
・自立
・スタートダッシュ
・ブレないしつけ
・知的好奇心
・良い環境を用意する
・親離れ子離れ

ですな。

我が家の子育ての方針がピタリとはまっていてよかったわw

うちの娘さんに関しては知的好奇心を伸ばすような教育をしておりますし、自分のことは自分で行うようなスキルを身に着けておりますし、優しさと、愛情を多くの人々に分け与えるように育てておりますしね。

これらは生き残っていくためのスキルとして、ものすごく重要だからね。

そして、なによりも健康であること。

健康じゃないと、どんどんどんどん上昇していくこともできないからね。

元気があればなんでもできる!

ですよ。



8歳までに知っておきたい!幸せな女の子の育て方 Kindle版


タイトル:8歳までに知っておきたい!幸せな女の子の育て方
著者:和田秀樹
発売元:学研パブリッシング
おすすめ度:☆☆☆(良い本ですなぁ)

明るい子どもが育つ 0歳から6歳までの魔法の言葉

2016年12月27日


著者:竹内エリカ
発売元:中経出版

ものすごく良い本。
小さな子供を育てる時に、どんな言葉を投げかけると良いのか?その具体例がしっかりと書かれている。

そして、その言葉の全てはアイに満ち溢れている。

読んでいるこっちも心が穏やかになる本ですなぁ。

子どもをギュッと抱きしめて「大好きだよ」と語りかけることが何よりも重要なんだよね。子どもに愛情が伝わるし、子どもに肯定感があふれるし。そもそも、大人も子どもも「大好きだよ」と言われて嫌な気しないし。

そんな本書の中で一番刺さったのはこのフレーズだなぁ。
そして、一日1回7秒以上、ギュッと抱きしめてあげて下さい。抱きしめることは、子どもをたくましく育てるための心へのメッセージなのです。

うちの子は、いつまでギュッと抱きしめさせてくれるだろうか?

ギュッと抱きしめることができなくても「大好きだよ」と声をかけ続けよう。




明るい子どもが育つ 0歳から6歳までの魔法の言葉 (中経出版) Kindle版

タイトル:明るい子どもが育つ 0歳から6歳までの魔法の言葉
著者:竹内エリカ
発売元:中経出版
おすすめ度:☆☆☆☆(良い本ですなぁ)

間違いだらけの高齢出産

2016年05月23日

著者:吉村泰典
発売元:新潮社

もう、30代後半から40代前半で出産することがふつーになっておりますが、「いやいや、お母さんの体にかなりの無理がかかっているんですぜ」ということを教えてくれる1冊。じゃあ、高齢出産を否定しているのか?というと、その逆。

産婦人科医である著者は、お母さんになることを望んでいる、なるべく多くの女性に、その希望を叶えようと努力をしているわけですわな。

でもね、だからといって「わ~いわ~い」となっていないところに、好感が持てる。

ちゃんと、高齢出産のリスクを説明しているもの。ちなみに、高齢出産のリスク自体は、類似書に書いてある内容と同じ。そりゃそうだ。

ただ違うことといえば、著者は産婦人科医で、不妊治療も行っている医師なので、そのリスクと問題点にもちゃんと触れているということ。そして「不妊治療すれば、だれでも子供が授かるわけではない」という事実をちゃんと伝えている点ですわな。

どちらにしろ、内の奥さんに感謝したくなる1冊。

子供ができるというのは、本当に奇跡なんですよね。



間違いだらけの高齢出産


タイトル:間違いだらけの高齢出産
著者:吉村泰典
発売元:新潮社
おすすめ度:☆☆☆(奥様に感謝したくなる1冊)

本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代

2016年04月10日

編集:週刊現代編集部
発売元:講談社

高齢出産のリスクをいろんな方面から教えてくれる良書。高齢出産のリスクは生まれてくる子供だけのハナシじゃない。どちらかと言うと、お母さんのほうが大きい。子供はもっとたくさん欲しいけれど、うちの奥さんをリスクに晒すことはしたくない。子供を産んでくれて、奥さん、ありがとうと思える1冊ですわ。

週刊現代に掲載されていた連載がベースとなっている本なので、東尾理子や、ジャガー横田、太田光代などTVでお馴染みの女性タレントが高齢出産体験者(もしくは、高齢出産に挑戦しようとした例)として登場するので、重くなりがちな高齢出産や、不妊治療のハナシも、明るめに伝えてくれます。

あと、出生前診断のお話も、海外の例を紹介しつつ「日本では・・・」というお話をしてくれます。

高齢出産って、完全にお母さんの体を守りつつ、旦那さんが家族計画を決めるものだということがわかりましたわ。うちの子供が無事に生まれて、無事に育ってくれてありがとう。奥さんありがとう。と思える1冊ですわ。



本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代


タイトル:本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代
編集:週刊現代編集部
発売元:講談社
おすすめ度:☆☆☆☆(ですわね)

運命の子 トリソミー短命という定めの男の子を授かった家族の物語

2016年03月25日

著者:松永正訓
発売元:小学館

『コウノドリ』の影響や、「うちの子どもが障害を持って生まれてきたらどうしよう・・・」とか、そんな不純な理由で手をとって見なのですけれど、読んだら、泣いた。ものすごいいい本だ。命の大切さとというか、子どもが生まれて育っていくということは奇跡以外の何物でもないということがよく分かる1冊。

著者の松永正訓さんは千葉県内で小児科の個人クリニックを開いているお医者さん。もとは大学病院の先生。小児外科医。多くの小児外科では遺伝子異常がある赤ちゃんで21トリソミー、いわゆるダウン症の赤ちゃん以外は、積極的な延命処理をしないという事実にびっくり。そして、この先生も、それが普通だと思っていたり、しょうがないと思っていたりしていたという。

かなりびっくりしたけれど、逆方向から考えると「まぁ、そうだよね」と思ってしまったりもする。だって、小児科の先生は、毎日何人もの小児科を見ているわけだ。自分の子供は1人しか、多くたって数人しかいないけれど、小児科の先生は違うわけで。分母が大きいのだから確率的に誕生が低いという障害や、奇形を持った赤ちゃんにだって、当然のように出会うわけで。

そんな残酷な現実を知りつつ、驚きつつも、数は少ないけれど18トリソミー、13トリソミーの赤ちゃんであっても手術をする病院もあるということを知ってホッとしたり。

でも、普通の赤ちゃんよりも圧倒的に短い寿命だったりするわけで、それを受け入れることができる親もいれば、そうでもない親もいる。そりゃそうだ、と納得することもある。そして、障害を持って生まれた子どものお母さんが「私は出生前診断をしなかったけれど、今度もしないけれど、するという人を否定出来ない」という発言が意味するように、これは複雑な話だったりするわけで。

ものすごく考えさせられることが、多い1冊。

障害者施設で働いている障害者の人で、生まれつきに障害を持った人の割合っていうのはそれほどではなくて、後天的に障害を持った方の人が多いということにも驚いた。

子どもって生まれてくることも奇跡だし、元気に育つことも奇跡なんだよなぁ・・・ということが痛烈にわかる1冊です。ほんと、自分の子供と奥さんに、心から「ありがとう」と思えるようになる1冊。

そして、お医者さんというのはものすごく過酷な仕事なんだなぁということがわかる本。自分がお医者さんだったら、心が折れてしまうよなぁ・・・ほんとうにお医者さんにもありがとうと言いたくなります。



運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語


タイトル:運命の子 トリソミー短命という定めの男の子を授かった家族の物語
著者:松永正訓
発売元:小学館
おすすめ度:☆☆☆☆☆(性別関係なく読みべきですわ)

卵子老化の真実

2016年03月13日


著者:河合欄
発売元:文藝春秋社

高齢出産では避けることができない卵子の老化という現実。そこにスポットライトを当てた本書。高齢者出産のメリットデメリットを紹介したり、みんなが知らなかった高齢者出産の事実を教えてくれたり、となかなか実用的な本。そして、実際に高齢者出産を経験したママのコメントも紹介されているのが良いね。

で、この本を読んでいたら、高齢者出産云々かんぬんというよりも、子どもが生まれてくるというのは奇跡なんだということが、おもいっきり伝わってきましたわ。それだけで、泣きそうになった。うちの娘さんが生まれてきてくれてありがとう、元気に育ってくれてありがとうと、純粋に思ってしまった。

まったくシチェーションが違うが、さかいゆうの『ジャスミン』という曲の歌詞を思い出してしまった。

君は…めくるめく奇跡さ 素直に伝えるよ
そばにいて 守りたいんだ 君のことを
愛しても 愛しても
足りないくらい君のために
僕の全てを捧げるよ
メクルメク奇跡 君は メクルメク光 君は

生まれてきてくれた自分の子供にこの歌詞を捧げたくなってしまう。ほんと、「生まれてきてくれてありがとう」と、心から思えるようになる1冊だ。



卵子老化の真実 (文春新書)

タイトル:卵子老化の真実
著者:河合欄
発売元:文藝春秋社
おすすめ度:☆☆☆☆(男も女も関係なく読むべき本だな)

43歳で母になる

2016年03月12日

著者:山本恵/すぎうらゆう
発売元:KADOKAWA

41歳で結婚して43歳で出産をした、そんな女性の妊娠発覚から出産までをまとめた漫画エッセイ。いわゆる高齢出産に当てはまるわけですよ。高齢出産で初産。そりゃ、まぁ、いろんなことがあるわけですよ。

例えば高齢出産だと出産できる病院が少ないとか、告知のタイミングが難しいとか、生まれた子が成人する前に60歳になってしまうとか、出生前診断がどうだとか…それぞれ高齢出産あるあるが漫画で紹介されたあとに、専門医のコメントが紹介されているのですな。

そうそう。うちの奥さんも妊娠しているときは、少し不安そうで、おもいっきり楽しそうだったなぁ・・・と。旦那である自分も、少し不安で、思いっきり楽しかったなぁ・・・と。




43歳で母になる (メディアファクトリーのコミックエッセイ)


そう思えてくる1冊ですね。

タイトル:43歳で母になる
著者:山本恵/すぎうらゆう
発売元:KADOKAWA
おすすめ度:☆☆☆(良い本ですわ)

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」

2015年07月29日

著者:須賀義一
発売元:PHP

著者は、そのタイトルとおり、保育士。

といっても、元保育士で、今はハウスハズバンド。

で、絶賛子育て中。

だから、深いし、実践的だ。

愛だろ、愛。

と抽象的に考えてしまうのですが、子育てはそうかんたんではないと教えてくれますわ。

たとえば、「叱らなくていい子育て」とは

子どもが困ること、嫌なことをしたら「そういうことしたらママ困るな」「悲しいな」と、相手がどんなに小さい子であっても、きちんと言葉で伝えましょう。

困る、悲しいということを伝えるんですって。

叱る代わりに。

で、もちろん、困る、悲しいってネガティブな感情の他に、ってか、ネガティブな感情以上に「楽しいね」「嬉しいね」などのプラスの、ポジティブな感情も伝えるんだと。

で、

「お母さんが、困ったり悲しむようなことはやめよう」

って、子供が思うようにさせるんだな。

しかし、そんなことできるのかいな?と思ってしまうのですが、できるんだと。

それはどうすればいいのか?といえば

子どもは「大人のほうから」能動的に自分に感心を持ってもらったり、見てもらったりということを、本心から欲しています。

つまり、「お母さんはあなたのことを愛していますよ」という態度を見せることが重要なんだわ。

それが重要。

先回りすること。子どもが「こうしてよ〜」というのを能動的に受けているだけじゃダメなんだな。

ちなみに愛ある親に受け入れられている子供というのは

満たされら状態の子どもは、子どもらしい素直で可愛らしい姿を見せてくれますし、大人からして関わりやすい、育てやすいという状態でいてくれます。

なだと。

うん。

やっぱ愛だな。

って、そこに戻りましたわ。



保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫)


タイトル:保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」
著者:須賀義一
発売元:PHP
おすすめ度:☆☆☆☆(良書ですわな)

女の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方

2015年07月21日


著者:竹内エリカ
発売元:中経出版

やっぱ、うちの娘さんには愛される女性になってほしいと思うわけですよ。

そして、なんの疑いもなく両親を信じている娘さんに、考えうる最大の愛を与えてあげたいと思うわけですよ。

やはり、愛なんですよな、愛。

愛こそすべてだということがよくわかりますな。

ちなみに

0歳は「感性」を育てる
1歳は「自主性」を育てる
2歳は「想像力」を育てる
3歳は「依存しない心」を育てる
4歳は「問題解決の力」を育てる
5歳は「上手に自己視聴する力」を育てる
6歳は「自己肯定感」を育てる

のだと。

うむ、やはり愛だな。



女の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方


タイトル:女の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方
著者:竹内エリカ
発売元:中経出版
おすすめ度:☆☆☆(愛だな、愛)

子どもの心のコーチング

2015年07月11日


著者:菅原裕子
発売元:PHP研究所

あれだな。

子育ってっていうのは、子供を愛することだな。

しつけるとか、教育するとか、そういうことも大事だけれど、一番大事なのは、子供を愛することだな。

それがよくわかる本だわな。

この本の中には、心に刺さるフレーズが山ほどあるんだ、それがな。

例えば

自立とは、人をあてにしなくても自分の力で生きられること、自分ではできないときに素直に人に援助を求める能力を意味します。

とか

まず、禁止語を言わないために、子どもの動きを規制しなくてもいいような環境を作りましょう。

とか

こどものできないことを探す目ではなく、できていることを探す目に切り替えてください。できていないことを口うるさく言うのではなく、できていることを認めるのです。そのとき子どもは愛されていると感じます。

とか

責任を学んでいる子どもは、そのプロセスで多くのことを学びます。その経験を繰り返すことで、自分次第で結果が変えられることを知り、耐性(フラストレーションを処理する能力)や問題解決能力が育ちます。現実を見る勇気が育ち、成長しようという意欲も生まれます。反対に責任を学ばない子は、反応する能力にかけるため、変化に対応することがうまくありません。

とかね。

そんな中で一番心に刺さったのは

子どもの幸せの第一歩は、親自身が幸せな人生を生きること。そして親自身の幸せは、自分自身で作るものです。

親が「自分の人生い楽しい」って言えるほど、人生を楽しんでいなきゃダメなんだな。

そして、お母さんである、奥さんを愛で包んでいないとダメなんだな。



子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)


タイトル:子どもの心のコーチング
著者:菅原裕子
発売元:PHP研究所

究極の子育て成功法

2015年06月24日


著者:粂原三季代

なんなんだろう?

この読後感の悪さは。

この著者が子育てを頑張っていることはわかるんだけれど

子供に人生を捧げていることはわかるんだけれど

幸せなんだろうか?

と思ってしまう。

いや、幸せなんだろうけれどさ。



究極の子育て成功法: わが子を絶対、絶対、絶対幸せにする子育て


タイトル:究極の子育て成功法
著者:粂原三季代
おすすめ度:☆(ふむ・・・

叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング

2015年06月19日

著者:和久田ミカ
発売元:KADOKAWA

子供をいっぱいぎゅっと抱きしめたくなる本です。

うちの子供、よりいっそう愛したくなる本です。

ほっこりする本ですな。

賢くするとか、勉強ができるようにさせるとか、そうではない

子供を一人の人間として認め

「大好きだよ」

と語りかける本なのですわ。

いや、いい本読んだわ。



0歳から6歳までの 叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング (中経出版)


タイトル:叱るより聞くでうまくいく 子どもの心のコーチング
著者:和久田ミカ
発売元:KADOKAWA
おすすめ度:☆☆☆☆(いい本ですな)

子供を伸ばす魔法の11ヶ条

2013年11月23日

発売元:ニッポン放送出版

いや、いい本ですよ。

子供がいないおとなも読んだほうがいいです。

ちなみに11ヶ条とは

1)批判ばかり受けて育った子は避難ばかりします
2)冷やかしを受けて育った子ははにかみ屋になります
3)心が寛大な人の中で育った子は我慢強くなります
4)敵意に満ちた中で育った子は、誰とでも戦います
5)ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしているような気持ちになります
6)ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります
7)思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます
8)仲間の愛の中で育った子は世界に愛を見つけます
9)励ましを受けて育った子は自信を持ちます
10)公明正大な中で育った子は正義心を持ちます
11)人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします

いや、これは心にしみますね。


子供を伸ばす魔法の11カ条 アメリカインディアンの教え 新装版


新品価格
¥980から
(2013/9/13 11:17時点)



タイトル:子供を伸ばす魔法の11ヶ条
発売元:ニッポン放送出版
おすすめ度:☆☆☆☆☆☆(心にしみますね)

子供を伸ばす魔法の11ヶ条

2013年10月02日

発売元:ニッポン放送出版

いや、いい本ですよ。

子供がいないおとなも読んだほうがいいです。

ちなみに11ヶ条とは

1)批判ばかり受けて育った子は避難ばかりします
2)冷やかしを受けて育った子ははにかみ屋になります
3)心が寛大な人の中で育った子は我慢強くなります
4)敵意に満ちた中で育った子は、誰とでも戦います
5)ねたみを受けて育った子は、いつも悪いことをしているような気持ちになります
6)ほめられる中で育った子はいつも感謝することを知ります
7)思いやりのある中で育った子は信仰心を持ちます
8)仲間の愛の中で育った子は世界に愛を見つけます
9)励ましを受けて育った子は自信を持ちます
10)公明正大な中で育った子は正義心を持ちます
11)人に認めてもらえる中で育った子は自分を大事にします

いや、これは心にしみますね。


子供を伸ばす魔法の11カ条 アメリカインディアンの教え 新装版


新品価格
¥980から
(2013/8/19 12:06時点)




タイトル:子供を伸ばす魔法の11ヶ条
発売元:ニッポン放送出版
おすすめ度:☆☆☆☆☆☆(心にしみますね)
 | HOME | 次のページ »