忍者ブログ

保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」

2015年07月29日

著者:須賀義一
発売元:PHP

著者は、そのタイトルとおり、保育士。

といっても、元保育士で、今はハウスハズバンド。

で、絶賛子育て中。

だから、深いし、実践的だ。

愛だろ、愛。

と抽象的に考えてしまうのですが、子育てはそうかんたんではないと教えてくれますわ。

たとえば、「叱らなくていい子育て」とは

子どもが困ること、嫌なことをしたら「そういうことしたらママ困るな」「悲しいな」と、相手がどんなに小さい子であっても、きちんと言葉で伝えましょう。

困る、悲しいということを伝えるんですって。

叱る代わりに。

で、もちろん、困る、悲しいってネガティブな感情の他に、ってか、ネガティブな感情以上に「楽しいね」「嬉しいね」などのプラスの、ポジティブな感情も伝えるんだと。

で、

「お母さんが、困ったり悲しむようなことはやめよう」

って、子供が思うようにさせるんだな。

しかし、そんなことできるのかいな?と思ってしまうのですが、できるんだと。

それはどうすればいいのか?といえば

子どもは「大人のほうから」能動的に自分に感心を持ってもらったり、見てもらったりということを、本心から欲しています。

つまり、「お母さんはあなたのことを愛していますよ」という態度を見せることが重要なんだわ。

それが重要。

先回りすること。子どもが「こうしてよ〜」というのを能動的に受けているだけじゃダメなんだな。

ちなみに愛ある親に受け入れられている子供というのは

満たされら状態の子どもは、子どもらしい素直で可愛らしい姿を見せてくれますし、大人からして関わりやすい、育てやすいという状態でいてくれます。

なだと。

うん。

やっぱ愛だな。

って、そこに戻りましたわ。



保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫)


タイトル:保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」
著者:須賀義一
発売元:PHP
おすすめ度:☆☆☆☆(良書ですわな)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字