忍者ブログ

完本壇流クッキング

2016年10月24日


著者:檀一雄、檀太郎、檀春子
発売元:集英社

なかなか変わった料理本です。

作家、檀一雄の料理エッセイを檀一雄の息子の檀太郎と、その妻の檀春子が再現するという本。

檀一雄が残したのは料理エッセイであって、レシピじゃない。行間を読み取って、檀一雄が作りたかった、作っていたであろう料理を作るわけだ。

答えがないから、どれか正解とは言えないけれど、完本と言うくらいだから、この本に書かれている内容を正解としましょう。




完本 檀流クッキング

タイトル:完本壇流クッキング
著者:檀一雄、檀太郎、檀春子
発売元:集英社
おすすめ度:☆☆(料理の腕を振るいたくなる本)
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字